水温が徐々に下がり始めると、ボトムでの釣り方に好反応が得られるようになる、チヌ&キビレゲーム。

ジャッカルから発売中の専用ジグヘッド・ちびチヌヘッドを使えば、ワーム固有のアクションを活かしながら誘いをかけることができます。

ここでは、ちびチヌヘッド+ワームを用いて、河口域でのチニングゲームを展開してみましょう。

ちびチヌヘッドとは

ちびチヌヘッドとは、ジャッカルからリリースされている、チニングゲーム専用のジグヘッドのことです。

浮力は与えられていないので、ワームと組み合わせてボトムまで落とし込んで使うように作られています。

ウエイト設定は、全部で6種類から選べます。

最も軽いものが、2.0g。

フォールスピードはゆっくりで、ボトムにふわりと到達する感じでしょうか。

優しくチヌを誘いときに、とても重宝するウエイトでしょう。

地形変化や障害物の上に乗ってくれるので、根掛かりに発展してしまうのを抑える効果も持っています。

次に軽いのが、3.5g。

岩礁帯エリアにおいて、ボトムの硬さを探りつつ、根掛かりは極力防ぎたいときに使ってみましょう。

次は、5.0g。

幅広く使えるオールラウンドなウエイトで、どのワームにも合わせられるのがメリットです。

やや重くなってくるのが、7.0g以降。

10.0gや14.0gまで重くなると、ロングキャストを実践するのにバッチリです。

潮や河川の流れに対しても、カンタンに流されずにボトムで踏ん張れるでしょう。

チヌやキビレは、意外と流れの強いエリアに潜んでいます。

積極的に重いちびチヌヘッドを活用して、流れに負けないアプローチ方法を確立させましょう。

ちびチヌヘッドは、ヘッド部分がフック+ワームを上に載せる格好になります。

これにより、フックがボトムと接触することを防ぎ、根掛かりを抑えられます。

着底してそのままズル引きすることが可能なので、誘いのバリエーションはどんどん拡大するでしょう。

フックは、管付きタイプですから、ヘッド部分とのジョイントがフレキシブルに可動します。

それがワームのアクションに柔軟性を付加、より一層艶めかしく動くので、バイトを誘発する要因になります。

出典:ジャッカル

(広告の後にも続きます)

ちびチヌヘッドの実釣インプレチェック!

ちびチヌヘッドにホグ系ワームを装着して、河口域で実釣してみました。

ボトムはフラット、ところどころに石や岩が転がっていて、基本的には砂地です。

キャストして着底、ラインテンションを張ってしばらくはそのまま。

もしチヌが食い付いてきたら、ラインテンションが一瞬緩むでしょう。

それを見逃さないようにして、リールハンドルを回しながら、強めのフッキング動作を実行してください。

ひん曲がったロッドブランクスはそのままキープ、決してロッドティップを寝かさないようにして、足元までチヌを引き寄せます。

浅瀬と深場の接点であるブレイクラインが、チヌやキビレの通り道になっていることが多く、そこにちびチヌヘッド+ホグ系ワームを置くと、食い付いてくれる機会が増えるでしょう。