秋が一気に深まり冬の足音が聞こえてくる中、早くも年明け後に行われるビッグイベントの話題が入ってきました。

「ジャパンキャンピングカーショー2023」が、2023年2月3日(金)~6日(月)に幕張メッセで開催されることが発表されました。

密を避けて旅ができることや防災面でも注目度が高まっているキャンピングカー。購入を検討されているキャンパーさんはもちろん、車中泊やアウトドア、さらには旅行や防災などのキーワードが気になる皆さんは要チェックですよ。

幕張メッセ5ホールで展示!アジア最大級の規模




昨年同会場の4ホールを使って開催された「ジャパンキャンピングカーショー」。今年は「日本にキャンピングカーというカルチャーを」というテーマの下、5ホールを使ったアジア最大級規模のビッグイベントととして開催されます。

2022年7月に公開された日本RV協会の調査「キャンピングカー白書2022」によると、キャンピングカーの国内保有台数は、なんと13万6千台を突破したそう。売上総額は635億円超となり、過去10年間で市場規模は3倍に伸びているそうです。

数字が示す通り、様々な仕様のキャンピングカーが国内に流通していて、感染症対策としてのリモートワークスペースや災害時のシェルターとして導入されるなど、使用用途も多岐に渡っています。

「ジャパンキャンピングカーショー2023」では、様々なタイプのキャンピングカーを一度に目にできます。

(広告の後にも続きます)

全国から大人気キャンピングカーが300台以上集結




「ジャパンキャンピングカーショー2023」は展示内容や体験型コンテンツが充実しています。

目玉は最新モデルや人気モデルのキャンピングカー300台以上が集まる展示。中にはお手頃価格の車両はもちろん、1,000万円を超える豪華車両や、このイベントで初お披露目となる車両も登場。他にも人気の車中泊装備が充実した新型車両の展示を楽しめたり、体験型コンテンツも用意されているそう。

さらに、キャンピングカーという枠から大きくはみ出し、「旅行」「ペット」「食事」「防災」「アウトドア」といった内容が盛り込まれ、まさにアジア最大級と謳われるアウトドア&レジャーイベントとなっています。

開催は2023年2月。キャンピングカーの購入を検討している方はもちろん、ちょっと気になっているという方も、ぜひ幕張メッセに足を運んでみてはいかがでしょうか。

「ジャパンキャンピングカーショー2023」開催概要

■日程:

・2023年2月3日(金) 11:00 ~ 17:00

(※9:00~11:00 プレス・来賓・関係者内覧会/一般来場者は入場不可)

・2023年2月4日(土) 10:00 ~ 17:00

・2023年2月5日(日) 10:00 ~ 17:00

・2023年2月6日(月) 10:00 ~ 16:00

■会場:幕張メッセ 国際展示場1,2,3,4,5ホール(〒261-8550 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)

■入場料:

【前売り券】

・大人 紙チケット/電子チケット:1,000円

・小人(小学生以上)紙チケット/電子チケット:500円

※障がい者手帳提示で本人及び付添人1名無料

※くるま旅クラブ会員優待あり

※ペットケア費:1頭につき500円頂戴しております。

【当日券】

・大人(高校生以上) 電子チケット 1,500円/紙チケット 1,800円

・小人(小学生以上) 電子チケット 750円/紙チケット 900円

・ペット1頭500円

■アクセス:

【公共交通機関】

・京葉線「海浜幕張駅」から徒歩5分

・総武本線「幕張本郷駅」からバス「幕張メッセ中央」行きで約17分

【マイカー】

・東関東自動車道「湾岸習志野IC」から車で約5分

・京葉道路「幕張IC」から車で約5分

ジャパンキャンピングカーショー2023公式HP:https://www.jrva-event.com/jccs/