防寒ブーツ




冬の野外に長時間いると思いのほか足先が冷えます。そんな冬キャンプに活躍するのが防寒機能を備えた防寒ブーツです。

いろいろなメーカーから販売されており、冬のキャンプサイトで過ごす際の必需品と言えるかもしれません。

ブーツを選ぶ際、ソールが滑りにくくなっているか、確認することをおすすめします。雪の中でキャンプしたときも滑りずらくなります。また、太平洋側に住むキャンパーさんにとっては、慣れない急な雪の際にも雪の積もった路面を安心して歩くことができますよ。

ワークマン 防寒ブーツ 氷雪耐滑ケベックNEO

筆者のおすすめはワークマンの防寒ブーツ。

丸い形状の綿がブーツ内に敷き詰められていて暖かいです。また、ソールに滑りにくい素材も使われているので雪中キャンプにぴったりのアイテムです。価格もリーズナブルでお財布に優しいですね。

(広告の後にも続きます)

焚き火台




ストーブがあれば必要ないと思われるかもしれないですが、焚き火台も用意しておくと寒さ対策は万全です。

焚き火は前方しか暖かくないので、背中にストーブを置いておくと前後でかなり暖かくなります。真冬は焚き火とストーブをダブルで使用することで寒さをしのぐことができますよ。

焚き火の良さは視覚からも暖かくなることです。炎を見ることで安心する気持ちにもなりますので精神的にも穏やかになります。冬の焚き火は格別だと感じることができるでしょう。

スノーピーク(Snow Peak)の焚火台

焚き火台の元祖であるスノーピークの「焚火台」。

耐久性に優れたタフさで、元祖でありながら今なお焚き火台と言えばスノーピークのこのアイテムが人気です。