みなさんはキャンプのギアをどう選びますか。ネットに情報があふれる時代、無数のレビューを見比べて、とりあえず無難なものを購入していた筆者。いつしか実物を手に取って選ぶ機会も少なくなりました。

そんな折、何気なく立ち寄ったのが個人経営のアウトドアショップ。選りすぐりのギアや珍しいガレージブランドなど奥深い世界が広がっていました。

ネットや量販店とは一味違う魅力を放つショップを巡る連載「ふらっとショップ探訪」。第3回は、比叡山麓にて夫婦で営まれている「山道具とごはん 麓」を紹介します。

山麓で登山客らをもてなす




京都市と大津市の間にそびえる比叡山。京都側の登山口近くの住宅地に「山道具とごはん 麓」はあります。「山歩きのついでに立ち寄って一息つける場所を作りたかった」と店主の荘村健太郎さんは語ります。




2019年1月にオープン。木材を利用した店構えは暖かみのあるたたずまい。元々アトリエとして使われていた1階部分を改装し、カフェと物販の両輪で営業を続けてきました。

出入り口付近にある物販スペース、国内外から取り寄せたこだわりの山道具が並びます。




正面のドアには、五山の送り火で知られる大文字山、その左に連なる比叡山のイラストが描かれています。比叡山に限らず、大文字山を歩いた後、休憩がてらお店に足を延ばす人もいるそうです。

(広告の後にも続きます)

目からうろこだったUL(ウルトラライト)スタイル




幼い頃から外遊びが好きだったという荘村さん。高校卒業後は生まれ育った大阪を離れ、競走馬を育成する北海道の牧場で働きました。

洋服のデザインへの関心も高かったことから、大阪に戻りアパレルメーカーに勤務。朝から晩まで仕事で忙しく過ごす中、「休日に自転車ツーリングや山歩きをするのが癒やしでした」と振り返ります。




当時、頻繁に登っていたという六甲山の麓で、アウトドアショップ「Sky High Mountain Works(スカイハイマウンテンワークス)」に立ち寄った時のこと。それまでは雑誌などを参考にしながら必要以上の荷物を背負って山を歩いていた荘村さん。店主の口から初めて聞いた「UL(ウルトラライト)」というスタイルに心を奪われました。




「荷物を軽くし、身体を鍛え、より遠くまで歩くというスタイルは目からうろこでした」。

以降、ULが生まれた歴史的な背景や個性的なギアに魅了され、自身でも進んで実践するようになったそう。これまでに北アルプスや八ヶ岳、京都一周トレイル、大峰奥駈道(おおみねおくがけみち)などを歩き、自分なりのULスタイルを模索してきたといいます。