宮沢賢治記念館や野口英世記念館、なまはげ館などをはじめとする東北の博物館・史料館を、トリップノートの8万3千人のトラベラー会員(2022年10月時点)が実際に行っている順に、人気ランキング形式でご紹介します。

1位:宮沢賢治記念館(岩手)

宮沢賢治ゆかりの地に、昭和57年(1982年)に開館。平成27年(2015年)にリニューアルし、科学・芸術・宇宙・農業・宗教の5つのテーマにわけて、宮沢賢治の愛用品や原稿などの展示を行っています。

詩人であり童話作家であり、教育や科学と多彩な活動に取り組んだ宮沢賢治の世界を堪能できます。

◆関連記事◆
岩手県の人気観光スポットTOP15!旅行好きが行っている観光地ランキング
摩訶不思議なおとぎの世界!宮沢ワールドへ【岩手】
【スポット情報】

宮沢賢治記念館

(広告の後にも続きます)

2位:野口英世記念館(福島)


野口英世博士生家は登録有形文化財

猪苗代湖畔からほど近い場所に、世界的医学者・野口英世の記念館があります。併設されている生家は江戸時代後期に建てられたもので、1歳半の時に落ちてやけどを負った囲炉裏や、上京の際に床柱に刻んだ決意文も、当時のままに保存されています。


けっこう自然な野口博士のロボット

記念館には、博士の生涯を知ることができる様々な資料や写真などが展示されています。細菌バクテリウムのコーナーや、博士のそっくりさんロボット、劇画タッチのコーナーなどもあり、遊びながら学べる仕組みになっています。

◆関連記事◆
【野口英世記念館】千円札の人・野口博士について知ろう!猪苗代湖や地ビール館など周辺も見所たくさん
【スポット情報】

野口英世記念館