世界には、ロケーションや気候により冬にしか見られない絶景がたくさんあります。寒さの中でも力強さを感じる冬景色や、ノスタルジックな気分を味わえる光景は、この季節ならではのもの。そこで本記事では、各国を象徴する冬景色を取り上げてご紹介。冬の海外旅行は「見たい冬の絶景」を目的地にしてみませんか?

INDEX

圧巻!大自然が生み出す冬景色

冬だけのイベントで体感。煌めく冬景色

圧巻!大自然が生み出す冬景色

【カナダ】凍った滝しぶきが幻想的!「ナイアガラの滝」

iStock/mirceax

ナイアガラの滝といえば、カナダとアメリカの国境にある観光スポットのひとつ。カナダ領にあるカナダ滝と、アメリカ領にあるアメリカ滝、アメリカ滝の横にあるブライダルベール滝の3つの滝から構成されています。その中でも最大規模を誇るカナダ滝は、幅675m、落差56mとかなり大きなスケール。大量の水が滝つぼへと流れていくダイナミックさは、写真や映像でも十分伝わってきます。

そんなナイアガラの滝、実は冬の絶景スポットとしても人気があります。この地方の冬の気温はマイナス20度を下回る日も多く、夏に勢いよく流れていた滝水が凍結。それによって生み出された、異世界のような静かな景色を望むことができるのです。

ナイアガラの滝を見るためのメジャーなスポットは主に5つありますが、その中のひとつテーブル・ロック展望台は、流れ落ちる滝を眼前にするのに絶好の撮影スポット。冬は夏と比べると人が少ない傾向にあり、ゆっくりと堪能することができます。さらに人気のアクティビティ、ナイアガラの滝を丸ごと上空から眺めるヘリコプターでの遊覧観光もおすすめ。滝つぼから上がってくる水煙は幻想的な気分にさせてくれることでしょう。

ナイアガラの滝

アクセス:トロントから直通列車で約2時間web:https://jp-keepexploring.canada.travel/places-to-go/niagara

【アイスランド】“スーパーブルー”の世界が広がる「氷の洞窟」

iStock/Rixipix

北ヨーロッパに位置するアイスランドは、火山と氷河で形成された島。その南部に位置するヴァトナヨークトル国立公園は、ヨーロッパで2番目の大きさを誇る国立公園です。スカフタフェットル国立公園とヨークルスアゥルグリュブル国立公園、2つの国立公園が統合し2008年に誕生。アイスランドの国土の約14%を占めるほどの広さを誇ります。

その中にある氷の洞窟は、アイスランド観光の人気スポットのひとつ。総面積約8,100平方キロメートルあるヴァトナヨークトル氷河の一部が、夏に溶けた水によって削られて形成されます。

この場所に世界中から人々が訪れ、“スーパーブルー”と呼ばれ愛されているのは、氷河から放たれる青い輝きが美しいから。なぜ青いのか、それは降り積もった雪により氷河が押し固められたまま凍ることで、気泡を含まない純度の高い氷になるからだそうで、太陽光のうち青色のみの氷を透過する光により、洞窟内が青く輝いているように見えるのです。このスーパーブルーを見られるのは、冬の間だけ。プロのガイドの案内が必要なので、気になる方はお申し込みをお忘れなく。

氷の洞窟

アクセス:レイキャヴィークから車で約400km(洞窟ツアーの起点となるスカフタフェットルまで)web:https://www.vatnajokulsthjodgardur.is/english/

【ノルウェー】山と海に囲まれた秘境が銀世界に「ロフォーテン諸島」

iStock/Biletskiy_Evgeniy

北緯68度前後に位置する5つの島からなるロフォーテン諸島は、高くそびえ立つ山と、美しく広がる海が共存した自然豊かな場所。毎年12月~1月にかけては、太陽が全く地上に現れない期間ポーラーナイト(極夜)となることでも知られており、オーロラを見ることもできるスポットです。

日本ではあまり知られていないロフォーテン諸島ですが、この場所の魅力は手つかずのまま残されている自然が多くあること。『アナと雪の女王』の舞台となった場所ともいわれており、大自然が雪景色に染まった様子は神聖ささえ感じます。まるで映画の中に飛び込んだかのような気分になることでしょう。

秋から冬にかけては、ネイチャー・サファリというボートツアーのアクティビティがあり、野生のオットセイやクジラなどを観察することができます。また、絶景を楽しみたい方にはノルウェーで最も美しい村に選ばれたライネ(Reine)を訪れるのもおすすめ。絵葉書の中に入っていくといわれるほど、どこを切り取っても美しい冬景色を堪能してみてはいかがでしょうか。

ロフォーテン諸島

アクセス:ボードー空港から飛行機で約30分、ボードーフェリーターミナルからフェリーで約3時間web:https://visitlofoten.com/

【デンマーク】氷山に覆われた、グリーンランドの「イルリサット・アイスフィヨルド」

iStock/pgstaebler

北極海と大西洋の間に位置し、島のほとんどが氷床と雪に覆われているグリーンランド。そんなグリーンランドにあるイルリサット・アイスフィヨルドは、イルリサット氷河からディスコ湾に流れる全長約40kmのフィヨルドで、2004年にユネスコの世界遺産に登録されたことでも知られています。

しかし、ここ数年は温暖化の影響もあり、アイスフィヨルドに面したイルリサット氷河の前方部分が近年大幅に後退しているとのこと。氷山に覆われたフィヨルドに氷河が崩れ落ちる光景や音には圧倒されることでしょう。いつ崩壊するかわからない氷河。この景色を直接見たいという方は、先延ばしせず思い立ったタイミングで足を運ぶのが良いかもしれません。

また、冬は気象条件さえ整えば氷山とオーロラのコラボレーションが見られることも。スノーシューでのアイスフィヨルド周辺のハイキングや、ハスキー犬による犬ぞりツアーなども楽しめるのは冬ならではです。

イルリサット・アイスフィヨルド

アクセス:レイキャヴィークから飛行機で約3時間web:https://visitgreenland.com/things-to-do/ilulissat-icefjord/

【スウェーデン】神秘的な光が空を覆う「オーロラ」

iStock/Julia Kuznetsova

誰もが、一度はその目で見てみたいと思ったことがあるであろうオーロラは、北欧を中心に一年中みられる自然現象。夜、人工の光がない地域で、晴天の日に見られます。

スウェーデンの観光というとストックホルムでの都市観光を想像しがちですが、冬はオーロラ目当てで観光するのもおすすめ。特にラップランド地方の小さな村・アビスコにあるオーロラ・スカイ・ステーションは、オーロラベルトのほぼ真ん中に位置しており、晴天率が高く、世界一オーロラ観測に適した場所なのだそう。

ヌオリャ山ステーションから山頂までは、チェアリフトで。ほとんど雲のかかることのない晴れた空と澄んだ空気の下、360度視界が開けた雪山でオーロラを堪能することができます。

オーロラ

アクセス:アビスコツーリストステーション駅から徒歩約10分(オーロラ・スカイ・ステーション)web:http://letsgo-sweden.com/aurora/

(広告の後にも続きます)

冬だけのイベントで体感。煌めく冬景色

【ドイツ】都市ごとの違いも楽しい「クリスマスマーケット」

iStock/sborisov

世界各国の冬景色の中でも有名なのは、ドイツのクリスマスマーケット。近年、日本でも多く開催されるようになったこのイベントには、クリスマスの飾りやプレゼント、食卓を彩るお菓子などを売る木製の屋台が多数並びます。

ドイツ各地で開催されており、その様子は都市ごとに大きく異なるのも魅力。世界最大のクリスマスマーケットといわれるシュトゥットガルトのクリスマスマーケットでは、旧宮殿の中庭でコンサートなども行われます。州都・ミュンヘンでのクリスマスマーケットには、30mの巨大なクリスマスツリーが出現。ライトアップされた市庁舎とコラボした絶景は、まるで絵画のような美しさです。

もとから可愛らしいドイツの街並みが優しい光に灯され、飾り付けされた街は見ているだけでうっとりとした気持ちになることでしょう。

クリスマスマーケット

アクセス:ドイツ国内の複数都市で開催

【台湾】冬の夜空をあたたかく灯す「ランタンフェスティバル」

iStock/RichieChan

台湾で毎年開催されるランタンフェスティバルは、何千個ものカラフルなランタンが空に舞う台湾最大のお祭り。コロナ禍になる以前は、1000万人以上の来場者を記録していました。もともと旧正月(春節)を祝うお祝いの行事がルーツのこのイベント。邪気払いの意味はもちろん、家庭円満や健康、平和な新年の願いを夜空に放つ台湾伝統の習慣を体験できます。

台湾の人気観光スポット・九份を彷彿とさせるようなレトロで温かみのある赤提灯が会場にたくさん飾られ、冬の寒い季節に心も温かく灯してくれること間違いなし。寒空の下、参加者とともに願いを込めてみてはいかがでしょうか?

ランタンフェスティバル

開催場所:平渓ランタンフェスティバルは十分
台湾ランタンフェスティバルは台北で開催予定

関連記事

冬の台湾を美しく彩る、2つのランタン祭りの楽しみ方

【フィンランド】ノスタルジックな気分に浸れる「サンタクロース村」

iStock/RomanBabakin

フィンランド・ロヴァニエミにあるサンタクロース村は、本場のサンタクロースと話したり、写真撮影をしたり、クリスマスに届くように手紙を頼んだりできる、夢のような村。ロヴァニエミ中心部からバスを利用して30分ほどで行けるので、夜はオーロラ観賞、昼はサンタクロース村へと観光するというのもおすすめ。

ヘルシンキの街から国内線で1時間20分ほどの場所にあるロヴァニエミは、白い雪で覆われた景観も抜群。小さな頃、絵本で見たような三角屋根の小屋に積もる雪、窓から灯る優しい光はノスタルジックな気持ちにさせてくれるでしょう。

サンタクロース村

アクセス:ロヴァニエミ駅からバスで約30分web:https://santaclausvillage.info/

【イギリス】その煌めきに大人も童心にかえる「ウィンターワンダーランド」

iStock/serts

ロンドンの冬の風物詩・ウィンターワンダーランドは、ロンドンの中心部に位置するハイドパーク(Hyde Park)に登場する移動式遊園地のこと。遊園地といえどもアトラクションやミニゲームだけでなく、イルミネーションやクリスマスマーケット、サーカス、アイススケートなど多彩なアクティビティで訪れる人を魅了します。子ども連れのファミリー層にはもちろん、大人だけで行っても楽しめるでしょう。

特に夜、たくさんのイルミネーションでライトアップされた会場は煌びやかな光景に。日照時間が短く、寂しい気持ちになりかねないイギリスの夜を、ワクワクとしたクリスマスムードへと一変させてくれます。

ウィンターワンダーランド

アクセス:ハイド・パーク・コーナー駅からすぐweb:https://hydeparkwinterwonderland.com/

【アメリカ】世界中が祝祭ムードになる「ロックフェラーセンターのイルミネーション」

iStock/Kirkikis

ニューヨークのクリスマスのシンボルといえば、ロックフェラーセンターのイルミネーション。毎年冬になると、ここでニューヨークのクリスマスムードをレポートする記者が多いことで、世界的にもクリスマスの風物詩と認識されているのではないでしょうか。

日本での正月のように、アメリカでのクリスマスは1年間を労い、家族や大切な人への想いを伝える時期。華やかなディスプレイやイルミネーションで街が華やぐ中、圧倒的存在感を放つのが、このロックフェラーのクリスマスツリーです。

なんと50,000個以上のLEDライトで装飾されているこのツリー。その華やかさは、見る人すべてに祝祭ムードを感じさせます。映画やテレビで見たこの光景を、ぜひ現地でも体感してみませんか。

ロックフェラーセンターのイルミネーション

アクセス:ロックフェラー・センター駅からすぐweb:https://www.rockefellercenter.com/

大自然が生み出す冬景色もあれば、街の中でイベントが彩る光景も。世界には冬にしか見られない貴重な景色がまだまだたくさん存在します。せっかく冬に旅行を検討しているのであれば、旅先で「冬だけの景色」を探してみるのもいいでしょう。

※海外へ旅行される際は、渡航前に各国の状況や入国条件をご確認ください
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/flysafe/flights-service/quarantine-immigration/

久しぶりの海外旅行応援キャンペーン

web:https://www.jal.co.jp/jp/ja/intltour/jaldp/dp-cpn/

年末年始・冬休み おすすめ海外旅行特集

web:https://www.jal.co.jp/jp/ja/intltour/newyear/

関連記事

まるで海外!知られざる日本の奇跡の絶景5選

日本にいながら海外旅行気分。世界の風景を楽しむ東北旅へ