みなさん。温まってますか? 温泉ソムリエのこずこずです。

さて、今日ご紹介するのは、東京から約2時間半。私の地元でもある温泉大国・群馬県の秘湯「宝川温泉」。たからがわ? それどこ? 初めて聞いたという方も、映画『テルマエ・ロマエⅡ』のロケ地というと、ピンとくるのでは。宝川温泉は、総面積が日本最大級の露天風呂としても有名なんですが、世界で有名な旅行ガイド『ロンリープラネット』が選ぶ「日本の温泉TOP10」で1位に選ばれたこともある温泉なんです。

旅館「宝川温泉 汪泉閣(おうせんかく)」に併設され、日帰り入浴も可。全国の温泉に行きまくっている筆者ですが、宝川温泉は実は初めて。というのも混浴だから(笑)。でも、いざ行ってみたらめちゃくちゃ良かった!ただ広いだけじゃなかった!ということで、その魅力をご紹介していきます。

目次

日本最大級の露天風呂・宝川温泉の魅力って?
混浴がはじめての女子でも安心 〜混浴と女性専用露天風呂〜
どれも圧巻!4つの露天風呂の楽しみ方
宝川温泉へのアクセス
温泉あがりにおすすめの周辺グルメ
まとめ

日本最大級の露天風呂・宝川温泉の魅力って?



<駐車場からの景色。下ると宝川渓流と露天風呂にたどり着きます>



<宝川渓流。下流に宝川温泉があります>

宝川温泉は、利根川の最上流、宝川渓流沿いにあります。その名の通り、宝がとれる川の意味で、昭和初期まで銅山として採掘が行われていたそう。そんな宝川温泉の魅力は何といってもその広大さ。全部で4つの露天風呂があって延べ面積470畳の大きさ(イメージできかもしれないですが、とにかく広い!)。

肝心の露天風呂の写真ですが、残念ながら撮影禁止なので(涙)、この後の章で、「汪泉閣」が提供している写真で紹介していきますね。

…と、その前に。入浴方法について簡単にご紹介しておきます。

混浴がはじめての女子でも安心 ~混浴と女性専用露天風呂〜



<宝川山荘の入り口はこんな感じです。広い駐車場があります>

日帰り利用は「宝川山荘」という建物で受付。私が訪れたのは天気の良い日曜日の午前でしたが、空いておりスムーズに入れました。午後になって少し人が増えてきたので、午前中は狙い目かも。



<入り口に4つの露天風呂の温度が!38度以下のぬる湯があって安心>

宝川温泉 日帰り施設 宝川山荘

住所:群馬県利根郡みなかみ町藤原1899
料金:大人1,500円、小人1,000円(湯浴み着レンタル代込み)※タオルは別料金
営業時間:10:00〜16:30(最終受付16:00)
公式サイト:宝川温泉 日帰り施設 宝川山荘



<入浴券を買うとセットで付いてくる女性用の湯浴み着>

「湯浴み着(ゆあみぎ)」のレンタルが必ず付いてきます。湯浴み着とは入浴中にまとうもの。ここでは4つの露天風呂で着用が義務付けられています。

ちなみに、3つの露天風呂が混浴、1つが女性専用。混浴に抵抗がある女子も多いと思いますが、胸から膝くらいまで隠れる水着よりも露出の少ない湯浴み着を着衣して入浴するので、裸感はありません(笑)。むしろ水着より抵抗ないかもしれません。

着替える場所はもちろん男女別!それでも混浴は嫌だという人は、女性専用の露天風呂だけでも十分入る価値はあります。

ではここからはいよいよ、4つのお風呂の特徴を写真と一緒に紹介していきます!

どれも圧巻!4つの露天風呂の楽しみ方

温泉はもちろん100%源泉掛け流し。泉質は「アルカリ性単純温泉」。美肌になる泉質といわれているので特に女子にはおすすめです。

1. 一番有名な露天風呂・摩訶(まか)の湯【混浴】



<ロケ地やポスターなどでも使われている「摩訶の湯」/提供:宝川温泉 汪泉閣

宝川温泉では1番有名な露天風呂。広さは120畳。まさに「テルマエ・ロマエ」シリーズをはじめ、映画やテレビ番組でも多く起用されている場所です。その造りは圧巻。ロケ地に選ばれるだけあります。

>>「摩訶の湯」の詳細はこちらから

2. 子宝を願う・子宝(こだから)の湯【混浴】



<4つの露天風呂の中では一番広い「子宝の湯」 提供:宝川温泉 汪泉閣

子宝の湯は約畳200畳の大きさということで、かなり広々としています。ぬる湯なので長くゆったり浸かることができました。子宝の湯は、その名の通り、子供を大切にするという意味で名付けられたそう。

>>「子宝の湯」の詳細はこちら

3. プライベート感がある・般若(はんにゃ)の湯【混浴】



< 一番コンパクトな「般若の湯」/提供:宝川温泉 汪泉閣

摩訶の湯の半分ほどのこじんまりした露天風呂が般若の湯です。他の風呂ほど大きさはない分、人も少なく静かでプライベート感があります。夜間、ライトアップされた時もここだけはあまり明るくならないようなので、ひっそり入るにはいいのかもしれません。逆にこわい?(笑)

>>「般若の湯」の詳細はこちら

4. 開放感あふれる・摩耶(まや)の湯【女性専用】



<周囲から見えづらい場所にある「摩耶の湯」 提供:宝川温泉 汪泉閣

最後は開放感あふれる100畳の露天風呂・女性専用の摩耶の湯。他の3つと少し距離があり、リラックスして入ることができます。他の湯にも男女別の着替え処があるのですが、摩耶の湯は女性の脱衣所しかありませんので、ここで湯浴み着に着替えて、他の露天風呂を回るのがいいかもしれませんね。

>>「麻耶の湯」の詳細はこちら

最後に。

露天風呂にはシャワーがありません。掛け湯はあるのですが、めちゃくちゃ熱かった(笑)。熱湯が苦手な人は、男女別の内風呂が一つずつあるので、そこでシャワーを使うのもおすすめです。あと、スキンケア類は当然ありませんのでお忘れなく〜。

宝川温泉へのアクセス

今回は東京から車で行きました。練馬ICから水上ICまで関越自動車道を使用。そこから約30分、山道を登って行くとたどり着きます。

車の場合

東京より車で約2時間半。 関越自動車道・練馬IC→水上IC→国道291号→県道 水上片品線 を 片品・藤原・宝川方面18km→宝川温泉「汪泉閣」

電車の場合

みなかみ町観光協会に聞いたところ、上越新幹線・上毛高原駅、JR上越線・みなかみ駅から路線バスがあるそうです。宝川温泉 汪泉閣の宿泊者は、上毛高原駅、みなかみ駅から無料送迎有り。要予約。

>>詳しいアクセスは公式サイトをご確認ください

温泉あがりにおすすめの周辺グルメ

創業250年「そば処・角彌(かどや)」

日帰り入浴の受付がある建物の2Fが食事処なのですが、行った時はお休みでした。なので車で15分程のところにある、「そば処・角彌」でランチをすることに。

「角彌」は創業250年になる老舗中の手打ち老舗。元々は新潟で創業し、その後ここに移ってきたそう。お蕎麦は「へぎそば」です。「へぎそば」とは「へぎ」と呼ばれる木の器に盛りつけられた新潟県魚沼地方発祥のお蕎麦。



<へぎに盛られた2人前のお蕎麦>



<まいたけの天ぷらとお野菜。これでハーフサイズ!>

写真だと伝わりづらいかもしれませんが、2人前のお蕎麦がこんもりと盛られてやってきます。水と空気が綺麗な場所でいただくお蕎麦とお野菜のてんぷら。美味しいに決まってます〜(笑)。売り切れ次第終了ってことなのでお早めの来店がおすすめ。

そば処・角彌

住所:群馬県利根郡みなかみ町幸知189-1
営業時間:11:00~売り切れ次第閉店
定休日:木曜
アクセス:水上I.C.より車で10分から15分、水上駅よりタクシーまたはバスで10分~15分、湯檜曽駅から446m
公式サイト:そば処 角彌

群馬のソウルフード「焼きまんじゅう」



<特製の甘い味噌ダレが特徴の焼きまんじゅう>

道を走らせていると「道の駅みなかみ水紀行館」が見えてきました。新鮮な農作物や地産地消のお食事が楽しめます。足湯もありました。

今回は屋外に出店していた、焼きまんじゅう屋さんで一串ゲット! 焼きまんじゅう、知っていますか? 群馬県民ならみんなが知ってる!? ソウルフードです。蒸したおまんじゅうを竹串に刺して特製の甘い味噌ダレを塗ったもの。おまんじゅうといっても中にあんこは入っていません(入っているものもあるんですが、入っていないのがスタンダード)。「焼きまんじゅう」でググると店舗も出てくるので、群馬に来たらぜひ食べて欲しい逸品です!

道の駅みなかみ水紀行館

住所:群馬県利根郡みなかみ町湯原1681-1
公式サイト:道の駅みなかみ水紀行館

まとめ



<行きも帰りも大自然を堪能! 野生の猿にも遭遇。宝川温泉に続く道にて>

いかがでしたでしょうか。焼きまんじゅうで締めてみましたが(推しなので!)、今回は群馬県の宝川温泉をご紹介しました。

東京から車で約2時間半。バス停も近くにあるので行きやすいのが嬉しいですね。これまで各地の露天風呂に入ってきましたが、ここまで自然と一体になれるダイナミックな露天風呂は初めてでした。露天風呂好きなら一度はぜひ。人生観が変わるかどうかはわかりませんが、少なくとも、”温泉観”は変わるはず!

関連記事

【温泉ソムリエ菅井】がすすめる総湧出量毎分1,800リットル、天下一大露天風呂・宝川温泉 汪泉閣