秋田県には昔ながらの温もりあふれる郷土料理から最近話題のB級グルメまで、気になるご当地グルメがたくさん♪今回は中でも必見の絶品グルメをまとめてご紹介していきますので、秋田県を訪れた際にはぜひチェックしてみてくださいね!

稲庭うどん

讃岐うどんなどと並んで日本三大うどんのひとつにも数えられている「稲庭うどん」は、つるつるっとした喉ごしが最大の特徴。
うどんではありますが、その製法はむしろ素麺に近く、打ち粉にデンプンを使った伝統的な手延べ製法で作られています。
麺の形は少し平べったく、練るときにひねりの動きを加えているため、中に小さな空洞ができているところも特徴のひとつ。

(広告の後にも続きます)

きりたんぽ鍋

秋田県の郷土料理といえば、やっぱり「きりたんぽ鍋」は外せません!
そもそも「きりたんぽ」とは、うるち米のご飯をつぶし、杉の棒に巻き付けて焼いたもののことで、味噌などをつけていただくとこれだけでも大満足の絶品グルメです。
きりたんぽを食べやすい大きさに切り、鶏肉や野菜とともに醤油ベースのスープで煮込んだものがきりたんぽ鍋で、出汁には鶏ガラを使用するため、さっぱりとした中にもコクのある旨味がクセになるおいしさです。