世界農業遺産「能登の里山里海」を代表する1,004枚の棚田「白米千枚田」。『あぜのきらめき』は白米千枚田を舞台に開催されるイルミネーションイベントで、今年度は2022年10月22日(土)~2023年3月12日(日)の期間、毎晩ライトアップされます。

25,000個のLED電球を設置し、ピンク、グリーン、ゴールド、ブルーと15分ごとに色を変えながら棚田の季節の移ろいを表現。その景観はまさに幻想的。設置されるLED電球は「ペットボタル」と呼ばれ、ソーラー発電で電池に電気を充電しそのパワーをライトアップのエネルギーに変えるLED電球です。

また、開催期間中は併設している道の駅千枚田ポケットパークが20時まで営業。イルミネーション鑑賞で冷え切った体をホットコーヒーやたい焼きであたため、ホッと一息ついてみてはいかがでしょうか。

【開催概要】

場所:白米千枚田(石川県輪島市白米町ハ部99-5)

期間:2022年10月22日(土)~2023年3月12日(日)

点灯時間:日没から4時間(見頃は19:00~20:00)

※日没を感知し点灯し、4時間後に自動で消灯します

<点灯時間の目安>

10月 17:30、11月 17:00、12月 16:55、1月 17:15、2月 17:50、3月 18:15

※点灯時間は天候により前後します。

【輪島駅⇔白米千枚田往復割引乗車券】

あぜのきらめき開催期間中、割引乗車券を販売。

通常大人960円・小人480円のところ、大人500円・小人250円

販売場所:わじま観光案内センター・北鉄奥能登バス輪島旅行センター(ともに道の駅輪島内)、市内主要観光施設

期間中の土日祝・年末年始に限り、臨時便も運行されています。

■白米千枚田HP:https://wajima-senmaida.jp/