テンビンには腕が1本の片テンビンと、腕が2本ある両テンビンがあるが、現在の沖釣り仕掛けで使われるのはほぼ片テンビン。

ハリスを漂わせて狙う釣りで多用される。

コマセを使わないシンプルな片テンビン仕掛け

テンビンを使った仕掛けはコマセを使うものと使わないものに分けられるが、第二章で紹介するのはコマセを使わない片テンビンの仕掛け。

 

基本構造は至ってシンプルで、片テンビンにオモリをぶら下げ、腕の先に出したハリスに1~2本の枝スを結ぶパターンが多い。

接続強度が要求される仕掛けは少ないので、ハリやサルカンへの結びは外掛け結びやユニノットなど、簡単な結びができれば大丈夫。

 

枝スの出し方には色いろあるが、ハリスから直接枝スを出す場合は、手軽な8の字結びでほぼ間に合う。

深場の釣り物などは糸ヨレを防止するため、親子サルカンなどを使って枝スを出す。

(広告の後にも続きます)

片テンビンあれこれ

一口に片テンビンと言っても、腕の太さ、長さなど色んな種類がある。

釣り物に合ったテンビンを選ぶことが大切になるが、大まかにコマセを使わない釣りには形状記憶製ではなくステン製の、腕が硬いタイプを使用したほうがいい。

オニカサゴなどに使う腕長50~60cmの大型テンビン

(左)シロギスやカレイに使う腕長15cm前後の小型テンビン(右)タチウオやアマダイに使うチドリ型のテンビン

ヤマシタ(YAMASHITA) 船テンビンK型 2.3mm50cm

Amazon、Yahoo、楽天の最安価格を見る>>

プロマリン(PRO MARINE) キスカレイ天秤 15cm AGP005-15

Amazon、Yahoo、楽天の最安価格を見る>>

アマノ釣具 チドリ アマダイ天秤 NO305式 S型

Amazon、Yahoo、楽天の最安価格を見る>>