7.名古屋港水族館(愛知)


photo by さちゃ00800さん

沖縄の美ら海水族館、大阪の海遊館に次ぐ、第3位の入場者数を誇る人気の水族館(2019年度のデータ)。3万匹ものマイワシが群れをなして泳ぐ黒潮大水槽や、色とりどりの熱帯魚200種以上3,000匹を展示するサンゴ礁大水槽などが見どころです。


photo by ぽぽい子さん

イルカのパフォーマンスは、幅60m、奥行き30m、最大水深12mという日本最大のプールで行われ、迫力満点!水上3台、水中1台のカメラがイルカたちの動きを追っており、プール正面に設置された大型スクリーンにリアルタイム映像やパフォーマンスのリプレイを映し出します。

◆関連記事◆
名古屋の人気観光スポットTOP26!旅行好きが行っている観光地ランキング
【スポット情報】

名古屋港水族館

(広告の後にも続きます)

8.仙台うみの杜水族館(宮城)


photo by ぽぽい子さん

2015年5月に閉館した「マリンピア松島水族館」の飼育動物を受け入れる形で、同年7月に仙台市内に新しくオープンした水族館です。最大の見どころが三陸の海を再現した巨大水槽「いのちきらめくうみ」。約2万尾のマイワシをはじめ、ホシエイやアイナメなど、三陸沖で生息する海の生きものたちが優雅に泳ぐ姿を鑑賞できます。


photo by ぽぽい子さん

photo by ぽぽい子さん

「うみの杜スタジアム」では、東北最大級のイルカ・アシカのパフォーマンスが見られます。2022年3月から内容もパワーアップし、20分のショーの中では、生きものの生態を学べるパートと、パフォーマンスで魅せるパートを交互に展開。イルカの全身を使ったダイナミックなジャンプや、スピンを楽しんで。

◆関連記事◆
一度は行きたい!杜の都・仙台のおすすめ観光スポット10選
杜の都・仙台&日本三景・松島を満喫♪1泊2日の観光モデルコース
【スポット情報】

仙台うみの杜水族館

9.下田海中水族館(静岡)


photo by ばゆーさん

自然の入り江を利用した水族館。波打ち際のビーチに近づいてくるイルカと触れ合えたり、一緒に泳ぐことも可能。そのほか波に漂う様々なクラゲを見られるクラゲ展示室「クラリウム」や、イルカを眺めながら食事ができるレストランなどの施設があります。

下田海中水族館のイルカショーの特徴は、なんといっても入り江に浮かぶ海上ステージ!自然の入り江で暮らすイルカたちの圧巻のパフォーマンスを、至近距離で楽しめます。

さらに近くでイルカのショーを体験したい方は、海に設置された箱型の浮き船「アメージング・シート」で鑑賞するのがおすすめ(有料)。目の前で高速移動するイルカの迫力を感じたり、イルカが頭上をジャンプして飛び越えるサプライズプレゼントも!イルカ好きには、おすすめのアトラクションです。

◆関連記事◆
伊豆の人気観光スポットTOP30!旅行好きが行っている観光地ランキング
【スポット情報】

下田海中水族館

(広告の後にも続きます)

10.マリンワールド海の中道(福岡)


photo by まこりさん

「九州の海」をテーマに、九州各県を代表する350種類・3万匹の生物が展示されている水族館。愛らしいラッコを眺められる「ラッコプール」や、イルカやアザラシを色々な角度から観察できる「かいじゅうアイランド」など、全部で10のゾーンに分けて展示が行われています。


photo by はっぴさん

イルカショーは、博多湾をのぞめるショープールで開催。日中のキラキラと輝く海を見ながらのショーも楽しいですが、GWや夏休みなどに開催される「夜のすいぞくかん」では、博多湾の幻想的な夜景をみながら鑑賞でき、デートにもおすすめです。

◆関連記事◆
【福岡】イルカ・ペンギンとの距離がぐっと近くに!マリンワールド海の中道
【スポット情報】

マリンワールド海の中道

11.大分マリーンパレス水族館「うみたまご」(大分)


photo by まこりさん

別府湾をのぞむ海沿いにある水族館で、約500種、15,000点の海の生き物たちを展示しています。館内には約1,250トンの大きさを誇る大回遊水槽があり、2階にあるマーメイドホールからは、大分近海にある豊後水道に生息する約90種1,500尾の魚たちが泳いでいる姿を見ることができます。


photo by c_k__hさん

2階にある屋外プールでは、2頭のハナゴンドウによるイルカショーを開催!宙を舞う大ジャンプをはじめ、ボールやフラフープを使った技を見ることができ、迫力満点のパフォーマンスを堪能できます。


photo by okiNaさん

夏には、イルカたちが観客に水をかけるパフォーマンスも。お客さんとの距離がかなり近くに設置されている、うみたまごのイルカプールならではのイベントです。

◆関連記事◆
レジャー&グルメを満喫♪大分市内のおすすめスポット・お店5選
【2022最新】全国の人気水族館TOP35!旅行好きが行っている水族館ランキング
【スポット情報】

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」

12.四国水族館(香川)


photo by ぅぃさん

瀬戸内海に面する「うたづ臨海公園」内に2020年6月1日にオープンした水族館です。コンセプトは「四国の水景」。四方を海で囲まれた四国ならではの水中世界を再現しており、大人も子どもも十分楽しめます。


photo by monaminさん

見どころのひとつが、瀬戸内海を背景にイルカ鑑賞を楽しめる「海豚プール」。デッキとプールの水面との段差が小さく、目の前でイルカの姿を鑑賞できます。ここで行われるイルカショー「イルカプレイングタイム」では、イルカたちのかわいい姿にほっこり。

時期によっては「サンセットプログラム」として、夕陽の時間に合わせて観られるイルカショーを開催しています。幻想的で心奪われる光景を目に焼き付けて。

◆関連記事◆
【香川】四国最大の海のミュージアム「四国水族館」5つの見どころガイド
【スポット情報】

四国水族館

13.上越市立水族博物館 うみがたり(新潟)


上越市立水族博物館「うみがたり」。

80年以上の水族館の歴史を持つ上越市が、2018年6月にリニューアルオープンさせた新感覚の水族館。「海と人との長い歴史を語り継ぎ、未来に向かって新しい物語をつむいでいきたい」という思いが込められています。


photo by Matmakさん

見どころはイルカショーが行われている3階の「イルカスタジアム」。まるで日本海と一体になったようなスタジアムで繰り広げられるイルカショーは感動ものです。パフォーマンスを行うスタジアムの真下は「イルカホール」と呼ばれる水槽につながっており、2階にある「イルカホール」からはイルカたちの水中の様子を見ることができます。

◆関連記事◆
赤ちゃん連れでも楽しめる【新潟】上越市立水族博物館「うみがたり」
【スポット情報】

上越市立水族博物館 うみがたり

14.しまね海洋館アクアス(島根)


photo by Booさんさん

島根県立石見海浜公園内にある水族館。「しまねの海から日本海、そして世界の海へ~」をコンセプトに、島根県の県魚「トビウオ」など日本海に生息する生き物を展示しています。

「海のカナリア」とも呼ばれているシロイルカのパフォーマンスは、基本1日4回開催。シロイルカの生態や能力について分かりやすく紹介してもらえます。見どころは、CMにも起用され有名になった「幸せのバブルリング」。頭の上にある憤気孔から出した空気を吹き出して作る輪のことで、シロイルカ3匹が揃って出すリングは幻想的です。

◆関連記事◆
中国地方の人気水族館TOP7!旅行好きが行っている水族館ランキング
【スポット情報】

しまね海洋館アクアス