国土交通省は2022年8月、道の駅に新たに4駅が登録され全国で1,198駅になることを発表しました。

新たに追加される4駅は、岩手県久慈市にできる「いわて北三陸(きたさんりく)」、茨城県常総市にできる「常総(じょうそう)」、群馬県前橋市にできる「まえばし赤城(あかぎ)」、福井県越前市にできる「越前(えちぜん)たけふ」です。

気になるオープン予定時期は、まえばし赤城と越前たけふは2022年中のオープンが予定されていて、いわて北三陸と常総は2023年のオープン予定となっています。2022年9月時点で予定されている各道の駅の施設情報をご紹介します。

↓ 利用者の満足度が高い道の駅の理由を考察 ↓

【考察】2022年の道の駅人気ランキングで、トップ5入りの道の駅が人気で満足度が高い理由を考えてみた

道の駅「いわて北三陸」

「いわて北三陸」のイメージパース

画像提供:国土交通省

「いわて北三陸」は、岩手県久慈市に新たにオープンし、久慈広域の玄関口として久慈市、洋野町、野田村、普代村の情報や魅力を発信する道の駅です。雨の日にも子供が遊べる室内大型遊具が設置される予定で、観光で訪れた方だけでなく、地域の子育て世代への遊び場を提供します。

三陸沿岸道路「久慈北IC」からすぐのアクセスで、駐車場は153台設置予定。飲食施設や観光案内所、ガソリンスタンドも備える道の駅になる予定です。

「いわて北三陸」施設情報

■住所:
岩手県久慈市夏井町鳥谷第7地割3番地2
■施設:
駐車場153台、トイレ37器、情報提供・休憩施設、観光案内所、ベビーコーナー、非常用電源、備蓄倉庫、公衆電話、公衆無線LAN、物販施設、飲食施設、キッズスペース、イベント広場、加工施設、多目的ホール、ガソリンスタンド、EV充電施設
■オープン予定:令和5年度

(広告の後にも続きます)

道の駅「常総」

「常総」のイメージパース

画像提供:国土交通省

道の駅「常総」は、圏央道「常総IC」からすぐという立地にオープン予定で、常総市の新たな玄関口となる道の駅です。「アグリサイエンスバレー事業」の一環として、地域の農産物の新たな販路開拓・拡大を目的とした販売拠点として整備されます。

観光案内所や情報ラウンジ、物販・飲食施設が設置され、防災機能の強化で地域の方の一時避難や防災活動の拠点となります。

「常総」施設情報

■住所:
茨城県常総市むすびまち地内
■施設:
駐車場168台、トイレ31器、情報提供施設、観光案内所、ベビーコーナー、非常用電源、備蓄倉庫、貯水槽、公衆無線LAN、情報ラウンジ、飲食施設、物販施設、イベント広場、コミュニティ施設、EV充電施設
■オープン予定:令和5年度