同じエリアでねらえるマゴチもチェック!

チヌの数も釣れたので、同じエリア・同じシーズンにねらえるターゲット「マゴチ」もねらうことに! マゴチも人気のターゲットですよね♪

栗田キャプテンは6~7ftのロックフィッシュ用ロッドを使われていますが、私はより手軽にねらいたいので、ベイチヌと同じタックルでチヌバリからジグヘッドに付け替えてマゴチをねらいました。
ジグヘッド14gにワームはシャッドテール系3.5~4in(インチ)程度のものをセット、よりアピールさせたいときはブレードを付けてねらうといった仕掛です。ほかにテキサスリグやワインド釣法、メタルジグなどでもねらえますよ。



マゴチポイントは水深が3~6m程度と浅いポイントです。リフト&フォールやボトムのズル引き、動かしたあとにしっかり止める(ストップ&ゴー)アクションでねらいます。
とくにこの夏場はキスやハゼを捕食することが多いので、ロッドを横に寝かせてひとシャクリに1回リールを巻く動作を2~3回繰り返し、横に動かしては止めるといったアクションでキスやハゼが底をピュッピュッと這う様を演出すると、反応もよいとのこと。

「なるほど~」と思いながらスタートすると、開始早々ゴツゴツ~とバイト! しかしこれはフッキングならず。その数投後にまたゴツゴツゴツ~! 今度こそしっかりフッキングも決まって、マゴチの首振りを堪能しながらネットイン!! 顔が見られたらいいなと思っていたマゴチもあっさりキャッチできました。ついでの釣りでしたが、マゴチ釣りも十分楽しませてもらい、これにて終了となりました。






 


最後にチヌをリリース。元気に帰っていってくれてよかった

チヌとの駆け引きやパワフルな引きを味わうと、きっとあなたもこの「ベイチヌ」にハマっちゃうはず♪ ゲーム性も高いので、ぜひ一度体験してもらえると嬉しいです。チヌもマゴチもこれからシーズンは続き、この四日市エリアでは10月いっぱいごろまでねらえるそうです。マゴチねらいではヒラメも混じるそうですよ。
まだまだ暑い日が続くので、日焼け対策や水分補給も忘れず楽しんでください。

それでは、みなさんが毎日笑顔でハッピーに過ごせますように♪

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、店舗・施設や遊漁船によって営業時間の変更や休業の可能性があります。お出掛けの際には公式HPにてご確認ください。また、事前に地域の情報を確認したうえで釣行の計画、万全の対策、ソーシャルディスタンスの確保をお願いいたします。