いざLTアジ!

釣行当日。自宅からクロスカブに乗って30分程で「中山丸」さんに到着です。
前日からの雨もあり蒸し暑さも残っています。出船は7時からなのですが5時過ぎに着き、準備を開始。釣り座は運よく「右舷ミヨシ」に座ることができました。準備中はもちろん下を向いていますが、ふと空を見上げると「レインボー!!」しかもダブルで! 「いいもの見れた! 今日は爆釣間違いなし!」といった期待を胸に出船を待ちました。






 



出船すると30分程で釣り場に到着です。見慣れた「横浜港沖・ベイブリッジの外側」で釣りをスタートしました。
いつものようにコマセをみんなで撒き、撒き、撒き…。「ん? 今日も渋い?」悪い予感は当たるモノでなかなかアタリがありません。以前、船長に教わった秘密の仕掛も不発です。
そのあともしばらく、アジ独特の「ビクビクッ」や「ブルブルッ」の感触がありません。ロッドを上げて…下げて…付けエサもいろいろ変えて…。すると、やっと待望の1尾目をゲットしました! 手前味噌ですが、「多点掛け」を得意とする私もこの日ばかりは1尾ずつ釣りあげる「丁寧な釣り」を心掛けて、何とか9時過ぎで5尾。…周りもなかなか釣れていないようです。カタクチイワシが多く仕掛をグチャグチャにされることも…。集中力が削がれます。
それでもめげずにコマセを撒き、ロッドをシャクってアタリを出す努力を続けました。船長もあっちこっちと場所を移動し、少しでもよいポイントをと懸命になってくれたお陰で、徐々に釣れる数も増えてきました。






(広告の後にも続きます)

今日の本当の目的は?

釣果は「渋い!」の一言です。でも自分に都合のよいように考えるのが私の長所。そう、「今日はカブ釣りがメインで、ついでにアジがたくさん釣れたらいいな!」でしたので(笑)。
「カブ釣り」を自分のなかでのスタンダートにしたいと思い始め、今後の船釣り釣行の手段の一つとして「気楽」に出掛けられるように…と思案したことを思い返して、この日の難しいアジ釣りもそれなりに楽しむことにしました。

そして迎えた納竿時間。ズバリ16尾でフィニッシュです(トホホ…)。竿頭の方が23尾くらいと言われていたので、この日は健闘した方でしょう! 道具を片付けながら「何がダメで、何が正解か?」を港までのわずかな時間で反省し、次回の課題も見つけつつ、疲れた身体を休めながら帰港しました。ベテランの方の微妙な表情やビギナーの方の笑顔、そして船長の悔しがる姿も船釣りの一部ですね。とてもよい時間でした。
朝一で見たダブルレインボーで運を使い果たしたしましたね(笑)。