足下から探り、徐々に沖のポイントへ

こんな仕掛でいよいよ釣りを開始。手始めに、見えているハゼの目の前にエサを落とすと早速の好反応。数尾のハゼが争うように食い付いてきます。しかし手前にいる個体は総じて型が小さく、なかなかハリに掛かってくれません。


ポイントはこんなところ。足下からカケアガリまでを探った

そこで少し深いほうにエサを入れたり、杭や石の周りを攻めたりするとポツポツとヒット


カケアガリを攻めると良型がヒット

最もアタリが多かったのはやはりカケアガリの周辺で、サイズも一回り大きなものが食ってきました。釣れたハゼは洗濯用のネットに入れて生かしておきます。


ハゼを生かしておくのに便利な「洗濯用のネット」

…と、ひときわ大きなアタリがあり、20cmほどの大型が上がってきました。しかしこれはマハゼではなく、ウロハゼという別の魚。下あごの突き出たいかつい風貌で、口には鋭い歯が並んでいます。さらにヌマチチブ系の別種も釣れ、図らずもハゼ系の五目釣りになりました。

いかつい顔をしたウロハゼがヒット

そうこうしているうちにすっかり日も昇り、じっとしているだけでも汗が噴き出るほどの暑さに。そこで、10時半を過ぎて潮の流れが緩くなったのを機に納竿。

結果は外道2尾を含め、トータルで28尾の釣果。食べるにはまだ小さいサイズが大半だったため、すべてリリースしてきました。次回は食べごろに育っていることを期待しましょう。


3時間で28尾の釣果。試し釣りとしてはまずまずだ

(広告の後にも続きます)

短時間で誰にでも楽しめる!



最初にも書いた通り、ハゼ釣りは仕掛もシンプルで魚の反応もよく、難しいテクニックも不要なお手軽フィッシング。今回はウキ釣り仕掛で足下からカケアガリまでの範囲を釣ってみましたが、同行者もコンスタントにアタリを捉えることができて大満足の様子。
丸一日頑張ればかなりの釣果が期待できるし、朝夕、あるいは日中の短時間だけ釣りを楽しむことも可能。これからの時期はハゼのサイズも日に日に大きくなり、ますます面白くなりますね。

もちろん、釣ったあとは食べても美味しいのがハゼ釣りの魅力。わが家では季節の野菜とあわせて天ぷらでいただくことが多いです。食味のよさに食欲の秋も相まって、食べ過ぎには注意しなければなりませんが(笑)。