日野の不正は防衛省にも影響か? 自衛隊に問題のエンジン車が多数 どうするか聞いた

日野自動車が製造を請け負う陸上自衛隊の高機動車。そのコンポーネントは兄弟車の1 1/2tトラックにも流用されています。不正が発覚したエンジンを搭載するこれら車種についてどう対応するのか、自衛隊に聞いてみました。

トヨタが納入、だけど製造は日野の陸自車両

 日野自動車は2022年8月22日(月)、一連のエンジン認証に関する不正事案の検査において、追加の不正行為が判明したことを明らかにしました。今回の不正内容はエンジンの排出ガスや燃費データの改ざんで、その影響から同社は主力トラックである「日野デュトロ」の出荷を停止しました。

 この不正の波紋は防衛省にも到達しています。実は陸上自衛隊などが運用する高機動車や1 1/2tトラックも、今回不正があった「N04C」シリーズのエンジンを搭載しているのです。自衛隊車両にも影響があるのか、防衛省に直接聞いてみました。

 そもそも、高機動車とは主に陸上自衛隊の普通科連隊などに配備されている4WDタイプの汎用車両です。1990年代前半から運用が始まっており、日本全国の部隊で数多く使用されているため、公道などでも比較的よく目にする割とポピュラーな自衛隊車両といえるでしょう。

 開発・納入はトヨタ自動車ですが、製造はグループ会社の日野自動車が担っています。初期型はトヨタ製のエンジンを積んでいましたが、2005年ころより納入されている車体は日野自動社製のN04Cエンジン搭載モデルになっており、2022年現在はこちらの方が主流になっています。

 また基本タイプの幌仕様(汎用モデル)のほかにも、車体後部の広い積載スペースを活かして、ピックアップトラックのようにしたタイプも多数納入されています。それらは対空ミサイルや対戦車ミサイルの発射機などを積んだり、通信用シェルターなどを載せたりと、幅広い用途に使われています。

(広告の後にも続きます)

高機動車の兄弟車「1 1/2tトラック」も日野製

 その一方、2000年代初頭からは高機動車とコンポーネントを共用する1 1/2tトラックの導入もスタートしています。同車は従来「73式中型トラック」と呼ばれていた4WDタイプのキャブオーバー型トラックで、当初は高機動車で置き換えられ姿を消すといわれたこともありましたが、高機動車以上に広い荷台を持ち使い勝手も相応に優れていたことから、高機動車とコンポーネントを共用する形で新型が開発され、調達が継続されました。

 同車もまた「中型トラック」「1t半」といった愛称で、全国の部隊に広く配備されており、高機動車と同様に日野自動車が製造し、親会社であるトヨタ自動車が防衛省に納入しています。

 前述したように高機動車とコンポーネントを共用しているため、やはり今回の燃費試験や認証試験における不正が発覚した日野自動車製N04Cエンジンを搭載しています。

 そこで気になるのが、今回の一件で、防衛省がこれらN04Cエンジン搭載の該当車両に関して、新規調達や現有車両をどうするかについてです。そこで、陸上幕僚監部広報室に話を聞いたところ、陸上自衛隊としては「特に問題視していない」との回答でした。

 それ以上の詳しい回答はもらえなかったものの、陸上自衛隊として問題視していないというのであれば現有車両の運用を停止することはしないということなのでしょう。すなわち、陸上自衛隊は現状通りのまま高機動車と1 1/2tトラックを使い続けるということです。

 国土交通省からリコールが出れば、随時対応するでしょうが、そのような動きがない限り、実害が伴わなければ静観という形のようです。

 ちなみに、高機動車の民生仕様であるトヨタ「メガクルーザー」も航空自衛隊や海上自衛隊で使用されていますが、同車は全てトヨタ15Bエンジン搭載であり、日野自動車製N04C搭載モデルは存在しないため、こちらは問題なさそうです。