秋~冬のイメージが強いヒラメ釣りですが、銚子~九十九里では6月より夏ビラメとしてスタートしています。

私も大好きなヒラメ釣りですが、今回は銚子沖で狙ってみました。

夏ビラメならではの注意点と釣りのコツ

当地のヒラメはエンジン流しでオモリ60~80号を使うノーマルタックルが基本になりますが、希望すればライトもOKです。

ただし状況で横流しになることもあるので、ライトタックルでもオモリは必ず40~80号まで用意しておいてください。

夏ビラメとはいえ釣り方は変わりませんが、注意すべきはまだまだ水温が高いこの時期、エサのイワシを弱らせないようにすることです。

エサ付けの際には手を海水に浸し温度を下げる、イワシを暴れさせないように目を隠すようにイワシをつかむ、などに注意してください。

タナは、その日によって低めがいいか、高めがいいか変わってくるので船長に確認しましょう。

取材日はオモリをあまり上げないベタ底のタナ取りのほうがアタリは多く出ましたが、オモリで底をズルズル引きずらないように気をつけてください。

また、横流しになったときや、エンジン流しでも道糸が大きく流されるケースがあります。

このときの最大のコツは、竿先を高めに構えてアタリを待つことです。

竿先を下げ気味にしていると、アタリが出たあとの対処ができなくなってしまいます。

竿の操作で仕掛けが浮き過ぎたりオモリが底を引きずったりしないようにコントロールしながら食い込みを待ち、竿先が十分に引き込まれたら竿を持ち上げるように合わせます。

ヤリトリは魚の引きなりに行い、大型は竿のためとドラグでいなして慎重に魚を浮かせましょう。

フィニッシュは魚をしっかり海面へ浮かせ、頭のほうからタモへ誘導していきます。

小さなアタリを見逃さないよう竿先に集中することが大切。

ヒラメならではの引きが楽しい。

(広告の後にも続きます)

Profile

三石 忍(みついし しのぶ)

タチウオ、カワハギ、マルイカ、一つテンヤなど、テクニカル系の釣り物を得意とするが、中でも東京湾のタチウオでは右に出る者なし、船長たちからも認められる腕前を持つ。

がまかつ、シマノフィールドテスター、マルキユー、よつあみ、シップスマストインストラクター。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 14 オシアコンクエスト 200HG 右ハンドル オフショア タイラバ 青物

Amazon、Yahoo、楽天の最安価格を見る>>

がまかつ(Gamakatsu) プロヒラメ固定式仕掛 HS009 16号-ハリス6. 43806-16-6-07

Amazon、Yahoo、楽天の最安価格を見る>>

フジワラ(FUJIWARA) カリスマ六宝SP 80号 蛍光レッド

Amazon、Yahoo、楽天の最安価格を見る>>