夏の堤防へ足を運ぶと、マダコ釣りを楽しんでいるアングラーに遭遇します。

食べて美味しいターゲットですから、何とか釣り上げてみたいものです。

魚を釣るのと同じ仕掛けでは誘えないので、独自のアプローチが求められます。

ここでは、マダコの特徴の釣り方、おすすめのタックルについてご紹介しましょう。

マダコとは

マダコとは、タコ目マダコ科に属しているタコの一種のことです。

日本における生息地は、本州エリアの北部から南にかけての各地です。

比較的浅い岩礁エリアを中心に、堤防・護岸などに定着していて、珊瑚礁エリアでもその姿を見かけます。

マダコの寿命は1年とされていて、生まれた場所と同じ海域にとどまって成長を続けます。

日照の届く昼間は、海底に点在する岩穴や岩陰に潜んでいて、夜になると活発に動き回る習性を持っています。

捕食対象は、エビ・カニなどの甲殻類がメイン。

その他二枚貝なども好んで食べる傾向があります。

軟体で無脊椎動物に含まれますが、その中では知能の高い生き物であり、足の力はかなり強め。

マダコの天敵は、同じ岩礁エリアに棲むウツボです。

いきなり攻撃を受けて、たくさんある足の1本を引きちぎられるシーンを見かけることが。

ダイビングをすると、マダコとウツボが絡んでいるところに遭遇した経験が結構あります。

釣り上げたマダコの足が欠損していたら、ウツボに襲われた個体とみていいでしょう。

マダコは襲われると、豪快に墨を吐いて煙幕を張ります。

相手がひめんだスキに、素早く逃げ去るのか得意です。

マダコの産卵時期は、春から夏にかけてで、岩礁に産卵して孵化するまで魚などから卵を守る習性を持っています。

孵化が完了した時点で、親のマダコはその生涯を終えます。

子ダコの食欲は旺盛で、成長スピードはかなり早いといえるでしょう。

マダコが堤防などの壁面に着き、そこで捕食活動をしていることがあります。

堤防の隙間や、隣接するテトラなどが沈んでいれば、生息場所・狩場として好条件を満たしているといえそうです。

そういうポイントを見つけたら、大き目のカンナが付いたタコエギを投入して、ロッドワークでマダコを誘ってください。

その場に潜んでいれば、意外とカンタンに抱き付いてきます。

出典:アマゾン

(広告の後にも続きます)

ショアからのマダコの釣り方!

マダコの釣り方は、日中ならある程度水深のあるところまでタコエギを沈めて、上下に動かしながら誘うようにします。

バーチカルな動きは、やはり堤防や護岸のようなポイントならやりやすいでしょう。

陽が落ちてくると、マダコの動きは活発になります。

意外と表層に近いところや、護岸の隙間から離れたところでも、タコエギを触ってくるケースがあります。

一気に複数の手で抱き付いてくることもあるのですが、チョンチョンと探っているかのような触り方をしてくることも。

当然早アワセは禁物で、ググーッと重みを手元で感じてから、フッキング動作に移るようにしてください。

バットパワーの強いブランクスのロッドや太いライン、それを巻き取るのがベイトリールなら、強引に持ち上げてランディングしてしまいましょう。

とても巨大なサイズのマダコが掛かることも想定して、ランディングネットを用意することを忘れないでください。