中国のSNSで話題に

©Piman Khrutmuang/stock.adobe.com

中国のSNSに「日本車はぶつかるとすぐ壊れるのに、なぜ衝突試験の点数が高いのか?」という疑問が投稿され話題となりました。

中国国内では、日本車は「皮が薄い」と表現されることもあり、鉄板が薄く安全性が低いという印象を持つ人が少なくないようです。

それにも関わらず衝突試験では高い評価を獲得することに、疑問や不信感を抱いている人も少なくないとされています。

名門ブランドが新型スポーツカーを公開

マツダロードスターのライバルとされる中国EVロードスターが想像以上に評判高いってマジ?

(広告の後にも続きます)

「日本車は“もろい”から燃費が良い」というイメージが存在

中国国内では、「日本車は燃費の良さと引き換えに“もろい”車になっている」というイメージがあり、この“もろさ”の根拠として鉄板などが薄いことが挙げられています。

また、過去に自転車と日本車が正面衝突した際、自転車を運転していた人が無傷だったのに対し、衝突した車はフロントバンパーが大きく破損したことを例に、「日本車は自転車よりも弱い」として、日本車は安全性が低いと主張する人もいるようです。

実際に、日本車と欧州車の鉄板の厚みを計測した結果、1mmに満たない数値で欧州車のほうがわずかに厚みがあったとされていますが、この厚みによる安全性には違いが生じていないとされ、「安全性は皮ではなく骨格で決まる」と、こうした印象を否定する投稿が見られました。

「こっこれが世界のスズキか…」アメリカで日本の軽トラが警察とカーチェイス