本当の読み方を知った途端、それまで間違った読み方を周囲に振りまいた事に気づいたりと、何かと初見泣かせな難読車名ですが、これが海外の車名となると、「そもそもこれは英語なのか、何語なのか?」に始まり、カタカナ読みがわからない事も。

だからといって「ジャグワー」や「メルツェデス」と、急にネイティブ狙いをしなくてもよいのですが、今回は知らないと一発読みが厳しい、あるいは日本で同じ書き方の車名があるので紛らわしい初見泣かせのイギリス車を紹介します。

MG Midget(ミジェット・1961年)

大村崑を連れてきても3輪にはならないし、4輪だからハイジェットでもない

MG ミジェット ©Олександр Луценко/stock.adobe.com

昔、エンスー漫画家・西風の漫画で「そんなに欲しいなら、ウチの納屋にあるから持ってけィ!」と、キップのいい居酒屋の親父がミゼットを譲ってくれたものの、行ってみたらもちろんダイハツ ミゼットという、出オチ感あふれる短編がありました。

どちらも表記は「Midget」ですが、かたや戦後復興した日本の高度成長期を支え、CMでは大村崑が「ミゼット!」と連呼していた軽オート三輪、かたやオースチン・ヒーレー スプライトと並ぶ、小型ブリティッシュ・スポーツの名車ですから、だいぶ違いがあります。

紛らわしさもあってかアメリカではダイハツ側が「トライモービル」、日本ではMG側が「ミジェット」と呼ばれて区別されていますが、知人が前置きなくミゼットの話を始めたら、一応「(ダイハツとMG)どっちの?」と聞いた方がいいでしょう。

(広告の後にも続きます)

TVR Chimaera(キミーラ・1994年)

チミ~ら、「キメラ」とか読んじゃダメよ?

TVR キミーラ ©Sergey Kohl/stock.adobe.com

ヨーロッパではありがちな、オーナーが次々に変わって明日をもしれない小規模自動車メーカーのひとつ、TVRはグリフィスやタスカンといったカッコイイスポーツカーを数多く作ってきたスポーツカーメーカーですが、ちょっと難読度が高いのは1994年発売のキミーラ。

昔から自然界に実在する「Chimaera」はサメの一種でギンザメ目に属する魚類の一種「キマイラ」で、他に神話上の想像の獣、「キメラ」あたりは、ゲームや漫画が好きなら馴染みある名前かもしれません。

ただし日本だと大抵は最初からカタカナ読みで紹介されるのと、Cで始まる外国語の読み方が多岐に渡るため、このローバーV8エンジンを積むブリティッシュ・スポーツを「チミーラ?キメーラ?」と、テキーラの新種のように読んでしまう方もいるでしょう。