まさかの初日に完売!? スバル「BRZ」10周年記念特別モデル「限定200台」が瞬殺だった!

スバル「BRZ」の10周年記念で登場した特別仕様車が発売初日に完売しました。一体どのようなモデルだったのでしょうか。

スバルの限定車の人気がハンパない!

 スバルのFRスポーツカー「BRZ」。2012年の初代モデルのデビューから10年が経過したことを祝し、特別仕様車として「S “10th Anniversary Limited」が設定され、2022年7月28日に発売されましたが、用意された200台が初日に売り切れました。

 スバルの公式ウェブサイトでは「SUBARU BRZ S “10th Anniversary Limited”は限定台数200台に達したため、ご注文受付を終了しました。」と掲載されており、すでに購入できない状況となっています。

 S “10th Anniversary Limited”は、上級の「S」グレードをベースに、10周年を記念した専用アイテムを装備。

 外観は、マットブラック塗装を施した専用18インチアルミホイールを採用したほか、「BRZ」リアエンブレムやドアミラーカバーもブラックで統一し、スポーツカーらしさを際立たせました。

 また、内装はボディーカラーの「WRブルー・パール」に合わせたブルーステッチをシートやシフト回りに施しています。

 さらに、バックガラスには記念ステッカー、ドアトリムには記念の刺繍をあしらい、特別感を演出しました。

 なお、BRZの兄弟車であるトヨタ「GR86」は、オレンジ色を取り入れた10周年記念特別仕様車「RZ“10th Anniversary Limited”」を期間限定で注文受付をしています。

※ ※ ※

 スバルの特別仕様車は非常に人気が高く、過去にも「WRX STI」の特別仕様車として発売された「S207」(400台限定)や「TYPE RA-R」(500台限定)といったモデルは発売直後に完売。

 抽選販売された「EJ20 ファイナルエディション」は、555台限定のところ約1万3000件の申し込みがあるなど、入手困難なモデルが多くあります。

 今回設定されたBRZ S “10th Anniversary Limited”は、内外装に標準モデルには設定がない特別感のあるアイテムを装備。

 さらに価格(消費税込)は、標準モデルが326万7000円(6速MT)から343万2000円(6速AT)のところ、特別仕様車は338万8000円(6速MT)から355万3000円(6速AT)と、差額12万1000円で数々のスペシャルなアイテムを手に入れられるとあって、即完売したといえそうです。