トヨタ新型「クラウンスポーツ」日本車離れした“デザイン”に大反響!? ユーザーの反応は?「お披露目してなかった!? 」の声も

2022年7月15日にトヨタ新型「クラウン」が世界初公開されました。今回の登場では4スタイルで構成されることが明らかに。なかでもSNSでは「クラウンスポーツ」に対するコメントが多数見られました。どういった声が集まっていたのでしょうか。

トヨタ新型「クラウンスポーツ」登場! ユーザーの反応は?

 2022年7月15日、トヨタは新型「クラウン」を世界初公開しました。

 1955年に登場した初代モデルから67年が経過し、今回の登場で16代目となる新型モデルは、これからの時代のクラウンらしさを追求し、SUV を含む4スタイルで構成される「クラウンシリーズ」を展開することが明らかに。

 第一弾として2022年秋に「クラウン クロスオーバー」が登場することが発表されました。

 このほか、新たなフォーマル表現とともにショーファーニーズにも応える「セダン」、大人の雰囲気で余裕のある走りを持つ機能的なSUV「エステート」、そして運転しやすいパッケージとともにスポーティな走りを楽しめる「スポーツ」の3タイプも登場。

 このなかで、クラウンスポーツについて、SNSでは多くの反響が寄せられています。

 クラウンスポーツについて、公式サイトではエモーショナルな雰囲気とスポーティな走りを兼ね備えたミドルSUVとの記載があるものの、「Coming in 2023」と大きく書かれ詳細は未だ分かっていません。

 ボディサイズは、2022年7月現在の開発目標値として、全長4710mm×全幅1880mm×全高1560mm、ホイールベースは2770mmという数値が明らかとなっています。

 このクラウンスポーツについて、SNSでは「普通にカッコイイ」「デザイン、日本離れしてて良い」「めちゃくちゃ好み」「日本車とは思えない」「これが一番かっこいい」など反響の声が多数見られます。

 また一部では、人気アニメ「スパイファミリー」に登場する「アーニャ」に似てるとの声も寄せられました。

 その一方で、過去2021年12月14日におこなわれた「今後のバッテリーEV(BEV)戦略に関する説明会」にて世界初公開された「CROSSOVER EV(クロスオーバーEV)」に見た目が類似していたことを指摘する鋭い意見も見られました。

 これについてユーザーからは、「木を隠すのは山ではなく森だった」「予想外でした」「お披露目してなかった!?」「瓜二つだ!」といった声も多く見られています。

※ ※ ※

 クラウンスポーツの発売時期は2023年とアナウンスされており、パワートレインのスペックなど詳細はいまのところ明らかになっていません。

 今後の動きに注目が集まります。