トヨタ新型「クラウン」は賛否両論?「王道、かっこいい」「もう違う名前でも…」昨年からの“伏線回収”に驚きも

16代目となるトヨタ新型「クラウン」は、一気に4タイプが発表されましたが、SNSユーザーはどのようにとらえたのでしょうか。

伝統モデルの大変革にSNSで戸惑いも

 トヨタは2022年7月15日、16代目となる新型「クラウン」を世界初披露しました。

 伝統のセダンをはじめ一気に4つのスタイルが発表されましたが、SNSユーザーは新型クラウンに対してどのような印象を抱いたのでしょうか。

 16代目となる新型クラウンは、1955年の初代以来、トヨタの高級車ブランドを代表するモデルとして67年に及ぶ長い歴史を重ねてきました。

 今回披露された16代目は4つのスタイルが用意されます。セダンとSUVを融合させた「クロスオーバー」、運転しやすいパッケージでスポーティな走りを楽しめる「スポーツ」、新たなフォーマル表現とともにショーファーニーズにも応える「セダン」、大人の雰囲気で余裕のある走りを持つ機能的なSUVとして「エステート」です。

 SNSでは「4タイプも用意するとは意外」と驚きの声があり、「こういうのならオッサンじゃなくても欲しくなる」「どの車種も王道かつ流行のスタイルでかっこいい」「同じ名前で4モデルを出してきたのは新しい試みで良い」「革新的で良い」など、新型クラウンのラインナップを肯定的に捉える意見がありました。

 しかし一方で「もはやクラウンじゃない……」「今回のデザインは『スマートさ』を全面に押し出した感じ」「スポーティすぎる。クラウンならではの威厳ある風格が感じられない」といった戸惑いも。

 そして「もう違う名前でええやん」「もうここまで来たらクラウンを無理して名乗らなくても良いような気もする」「かっこいいと思うがこれはクラウンとは思いたくない」「クラウンとはいうものの、何が共通項なのだろうか」など、クラウンが築き上げてきたブランドイメージとデザインの“ずれ”を指摘する反応も見られました。

 セダンについては「美しいね」「デザインだけでいくなら、セダンが1番かっこいいな」と、概ね高評価。そして、「セダンだけFR感があるな」「FRはセダンだけ?」など、駆動方式がセダンはFRレイアウト、ほかのクロスオーバー、スポーツ、エステートはFFレイアウトではないかとする分析・予想もありました。

 また「個人的にエステートの復活がアツい」という声も。エステートは、かつて11代目クラウンで2007年までラインナップされていたステーションワゴンモデルの懐かしい名称です。15年ぶりの名称復活となり、往年のクラウンファンにとっては懐かしいかもしれません。

 なお、今回発表されたクラウンスポーツは、2021年12月の「バッテリーEV戦略に関する説明会」で披露された「クロスオーバーEV」と形や見た目がそっくり。

 このことについて「お前クラウンだったんか」「ずっと前にチラ見せされていて、ついにその正体が明かされたの、さすがにアツすぎる」など、“伏線回収”に驚くユーザーもいました。

※ ※ ※

 新型クラウンは、まずクロスオーバーが2022年秋に発売されます。価格(消費税込)は435万円から640万円です。そしてセダン、スポーツ、エステートも含め、今後およそ40の国・地域で順次展開していく計画です。