イメージにドンピシャの車名で大ヒットを後押ししたクルマもあれば、「その車名じゃなければ、もう少し売れたのでは?」、「明らかに名前負けだよね」というクルマもあるほど、車名とはそのクルマにとって大事なものです。

しかし、だからこそ「名の売れたクルマの車名にあやかりたい」と、サブネームつきで弟分や派生車である事を強調した結果、パッとしなかったり短命で終わるクルマもあり、今回は日産車から3台をご紹介します。

バイオレットリベルタ(1981年)

たった1年で廃止されリベルタビラへ

日産 バイオレットリベルタ

1970年代、4代目610型で2L直6エンジンも搭載するなど車格アップしたブルーバード(ブルーバードU)の旧ポジションに初代710型バイオレットが登場、1981年にはFF化された3代目が「バイオレットリベルタ」を名乗りました。

しかし、その間に直6エンジンをやめた6代目910型ブルーバードが登場(1979年)。

FRのブルーバード、FFのバイオレットリベルタと違いはあったものの、同じ日産店(ブルーバード販売会社)で1.6~1.8L級エンジンを積むセダンは2台もいらないと、本来ブルーバード後継車だったはずのバイオレットリベルタが、たった1年で廃止されてしまいます。

結局、パルサーやラングレーの兄弟車(4ドアセダン版)へと車格を下げた「リベルタビラ」として再構築されますが、バイオレットの名を冠せず最初からそうしていれば…と思わざるをえません。

(広告の後にも続きます)

ローレルスピリット(1982年)

サニーの魂を持ち、ローレルの精神で内外装を仕上げたクルマ

日産 ローレルスピリット(初代)

4ドアセダンはセドリックとローレルのみだった日産モーター店(ローレル販売会社)で、ローレルの雰囲気を持つ小型車、今でいう「小さな高級車」として発売されたのが、ローレルスピリット。

スピリットとは英語圏では「精神」や「心」に相当する言葉ですが、日本ではソウルと並んで「魂」に相当する言葉と解釈される事もあり、ローレルスピリットは「ローレル精神」、あるいは「ローレル魂」と読めます。

ただしメカニズム面ではB11(初代)、B12(2代目)と2代続けてサニーそのまま、内外装はローレルっぽく見せようという努力はしていましたが限界はあり、当時は単に「ローレルに乗りたいけど、買えない人が乗るなんちゃってローレル」に見えてしまったのが難点です。

後継車プレセアのように、最初からローレルの名に頼らず小さな高級車づくりに徹していれば、後に評価されたかもしれないクルマでした。