「トヨタのミッドシップスポーツ」2007年以降登場せず

トヨタ MR2

トヨタ MR2は1984年から1999年まで、2代にわたり製造・販売されていたスポーツカーで、国産メーカーとしては初めてミッドシップレイアウトを採用した市販車です。

1999年に生産を終え、バトンタッチした後継モデルのMR-S(海外名:MR2スパイダー)も2007年に生産を終了。以後、現在に至るまでトヨタからミッドシップレイアウトの市販スポーツカーは登場していません。

しかし、GRヤリスやGRスープラ、GR86、GRカローラなど魅力的なスポーツカーを続々と登場させているトヨタのGRブランドにミッドシップレイアウトのスポーツカーが加わるのは時間の問題かもしれません。

『GRカローラ』はあくまでも『竹』!『松』になる4WDスポーツはこれだ!

「トヨタの4WDスポーツ」はやっぱりコレ!8代目GRセリカは見た目“も”速そう

(広告の後にも続きます)

コンセプトカーや特許申請からその登場は有り得ない話ではない

トヨタ スポーツEVコンセプト

トヨタが2020年1月下旬に出願した車体のモノコック構造に関する特許の申請では、このモノコックが耐熱性が異なる複数の樹脂を組み合わせたものと説明されています。

バッテリーを搭載する場所の確保、場合によっては高温になるエンジンを搭載する場所の確保などが目的であるとし、このようなカーボンファイバー製モノコックを使う車種としては、2021年12月14日に発表されたトヨタのコンセプトカー「スポーツEV」もその候補となるでしょう。

スポーツEVは、トヨタが発表した「ライフスタイルBEV」のひとつで、GRブランドから発売される可能性が示唆されているスポーツカータイプのBEVです。

スポーツEVも含めライフスタイルBEVは今後数年以内に発売を予定しているとアナウンスされていることから、このスポーツEVはMR2の後継モデルとなるのではないかと見る声もありました。

トヨタ MR2がハイブリッドになって復活?モノコックの特許からその可能性見えた!