「VICS情報を受信しました♪」が変化 カーナビの渋滞情報量が格段向上 「ぜひ“目的地”設定して」

カーナビに届けられるVICSの渋滞情報量が格段に向上。自動車メーカーやカーナビメーカーが協力した「プローブ情報」が、全国で活用されるようになったためです。渋滞を回避するルート案内も進化しました。

プローブ情報活用サービスが全国へ拡大

 2022年7月4日(月)より、ほとんどの自動車のカーナビが“進化”しました。カーナビに提供される渋滞情報が、大幅に拡充されたのです。

 一般財団法人 道路交通情報通信システムセンター(VICSセンター)がこの日、カーナビへの「プローブ情報活用サービス」を、全国に拡大。これにともない記者会見も開催しました。

 VICSセンターは、全国の警察や道路管理者から日本道路交通情報センター(JARTIC)を経由して得られる渋滞情報や交通規制情報などを、FM多重放送を通じてカーナビに届けています。従来は、道路上に設置された車両感知器などからの情報をもとにしていたため、感知器が設置されている幹線道路などに情報が限定されていました。

 これに、自動車メーカーやカーナビメーカーが保有する自動車の「プローブ情報」、すなわち自動車の位置や速度、地点通過時刻などの走行データを掛け合わせることで、感知器のない道路の渋滞情報も表示されるようになり、情報量が約2倍になったということです。

 この取り組みにはJARTICのほか、トヨタ、ホンダ、日産、そしてパイオニアが協力しています。2020年4月から関東を皮切りに順次、プローブ情報活用サービスの実証実験を拡大してきましたが、ついに全国拡大となりました。

「プローブ情報は従来、各社の競争領域でしたが、これを協調領域として情報を束ね、感知器を補完します」(VICSセンター 本郷俊昭常務理事)

 これまで提供されなかった道路の交通情報が利用でき、カーナビでのルート計算や到着予想時刻がより的確になり、渋滞を避けたルート探索の精度も上がるのだとか。

 本郷常務理事は今回の取り組みについて、「地球環境にも大きな影響を与えている社会課題である『渋滞』を解決する策のひとつ」と強調します。というのも、国土交通省のデータによると渋滞による経済損失は年12兆円、損失時間は1人あたり40/100時間、これを解消することで、CO2(二酸化炭素)排出量40%削減につながるといいます。「渋滞を避けたルート案内をすることで交通を分散させ、渋滞そのものを減らせる」そうです。

(広告の後にも続きます)

スマホの地図・ナビとどう違うの?

 とはいえ、現在はカーナビに頼らずスマートフォンのナビアプリを使うことも一般的です。そうしたなかでVICSの強味はあるのでしょうか。

 本郷常務理事によると、VICS情報はGPSを受信できないエリアでもプローブで情報を補完できるほか、「(プローブ情報を提供する)各社で利用する通信キャリアが異なるので、一部キャリアの通信障害が起きていたこの2日間でも、VICS情報はしっかり受信できています」とのこと。

 アプリでは、スマートフォンの位置情報などから独自の渋滞情報サービスを提供しているケースがありますが、VICSの情報は、様々な乗りもののなかでも「乗用車のみ」のデータに限定している点が特徴だそう。案内するルートは、クルマがすれ違える幅5.5m以上の道路を対象としているそうです。また、道路管理者から規制情報がJARTICへ直接送られてくるため、通行止めが発生した場合のルート変更などの対応も迅速なのだそうです。

 今回はVICSセンターの情報を管理する監視センターの見学会も行われましたが、そこで関係者からは、「通い慣れた場所であっても、ぜひ、カーナビの『目的地』を設定してほしい」との声が聞かれました。目的地を設定せずとも、拡充された交通情報が確認できるものの、その情報を反映したナビゲーションの精度アップを感じてほしい、というわけです。

 なお、今回のプローブ情報の全国拡大も、いまだ実証実験の位置づけです。「重要な社会インフラになり得るため、新たな渋滞情報の制度が信頼にたるものか、検証していく」(本郷常務理事)といいます。

※一部修正しました(7月4日18時30分)。