シュコダ「スペルブ」、VWパサートベースの大型セダン。フルモデルチェンジをスクープ

■パサートはセダン廃止の噂ながらスペルブはセダン、ワゴンもラインアップ

シュコダのフラッグシップセダン、「SUPERB」(スペルブ)次世代型プロトタイプをカメラが捉えました。


シュコダ スペルブ 次期型プロトタイプ

スペルブは、ブランド最大の乗用車として1934年から1942年まで製造された歴史的モデルです。その後2001年、VW「パサート」をベースに59年ぶりに復活、第4世代となる現行型は2015年に発売されおり、2023年の発売を目指し、これが8年振りのフルモデルチェンジとなります。


シュコダ スペルブ 次期型プロトタイプ

捉えたプロトタイプの大部分は現行型のボディパネルを使用したテストミュールのようですが、カモフラージュされたフロントエンドには、より角度のあるバンパーを装備。最終的には現行オクタビアの影響を受けた進化的デザインが予想されます。

パワートレインは、燃焼エンジンを利用できる最後の世代となり、マイルドハイブリッド、ディーゼル、2種類のプラグインハイブリッドバージョンがラインアップされることが噂されています。兄弟モデルであるVWパサートは、オートマチックトランスミッションのみ設定されると噂されており、スペルブも追随する可能性があります。しかし、パサートがセダンを廃止すると噂される一方、スペルブはワゴンもセダンも次世代に残ると予想されています。

スペルブ次期型のワールドプレミアは2023年で、スロバキアのブラチスラヴァ工場でパサートと一緒に製造される予定です。

(APOLLO)