2030年までに電動化と明言…どうなるロードスター

マツダは、2021年6月17日に開催した今後展開していく新型車やそれらに採用する新技術などを説明する、中期技術・商品方針説明会にて、ロードスターの今後についてコメントをしました。

欧州で「SUVへの注力が最優先」と発表しているマツダですが、オープン2シーターのロードスターは今後も生産を続けるとし、取締役専務執行役員の廣瀬一郎氏から「ロードスターは2030年までに電動化する」と説明されています。

現在の4代目ロードスターは純ガソリンエンジン車となっていますが、8年以内に純ガソリンエンジンのロードスターは消滅することとなります。

マツダの今後はどうなる?生まれるモデルあれば消えるモデルあり…

今後のマツダ展開まとめ!新型SUV登場やロータリー復活、電動化ロードスターなど

(広告の後にも続きます)

現行型は2015年デビュー、まだ数年は現役か

ロードスターは、2015年にフルモデルチェンジし現行モデルの4代目ロードスター『ND型』となりました。2022年でデビュー7年となり、そろそろ次期型への移行も考えられる時期です。

ただし、ロードスターはこれまで、初代NA型が約9年、2代目NB型で約7年、3代目NC型は10年と一般的なモデルと比べると長めのモデルサイクルを歩んできました。

また、2022年から2023年にかけて新型クロスオーバーSUV5車種、『CX-50』『CX-60』『CX-70』『CX-80』『CX-90』の導入を発表。これは、SUVに限定した話ではあるものの、欧州での「SUVへの注力が最優先」という話から、この5車種の導入が済むまではそれ以外の新型車の登場は無いものと考えられるでしょう。

そのためロードスターのフルモデルチェンジは2024年以降になるものと思われます。

ロードスターは2030年までに電動化が確定!純ガソリンエンジンモデルは消滅へ