「進化が止まらない!」GRヤリスの“エボ”マシン!?「GRMNヤリス ラリーパッケージ」にダートコースで試乗

東京オートサロン2022でワールドプレミアとなった「GRMNヤリス」には非舗装コース仕様「ラリーパッケージ」が用意されています。貴重なスーパーマシンにダートコースで試乗しました。

奥深きドライビング! 気付けば仕事を忘れ「もっと走りたい!」

 今年1月に開催された東京オートサロン2022で世界初公開された「GRMNヤリス」。
 
 すでに「サーキットパッケージ」の試乗記はお届け済みですが、今回は「ラリーパッケージ」を紹介します。場所は千葉県の袖ヶ浦フォレストレースウェイ内にある特設ダートコースで試乗をおこないました。

 GRMNヤリスを少しだけおさらいすると、GRヤリスをベースにモータースポーツ活動を通じて得られた知見/ノウハウを素早くフィードバックしたモデルで、車体(剛性アップ&軽量化)、エンジン(トルクアップ&レスポンス/応答性アップ)、駆動系(クロスレシオ化&強度アップ)など、よりハードな走行を視野に入れたスペックが与えられています。

 その詳細については前回の試乗記で細かく解説していますので、今回は割愛します……。

 GRMNヤリス ラリーパッケージは、非舗装路での走行に軸足を置いたアイテムがプラスされており、ラリー用のショックアブソーバー&スタビリンクセット、アンダーガード、ロールバー(サイドバー有)などが装備されています。

 これらはGRヤリス用の「競技者向けGRパーツ」として発売されている物になります。

 ちなみにサーキットパッケージの専用アイテムは工場装着ですが、ラリーパッケージの専用アイテムはレギュレーションの関係から販売店装着となっています。

 今回はダート走行ということで、タイヤ(ダンロップ・ディレッツァ88R)とホイール(RAYS製)は別の物が装着されていました。

※ ※ ※

 ロールケージをまたいでレカロ製のフルバケットシートに座ります。純正シートとしては非常にタイトなサイズですが、ダイエット効果も相まって窮屈さはありません。5点式シートベルトを締めてスタートです。

 筆者は以前、同じコースでGRヤリスに同じアイテムを装着したモデルに試乗した事があります。その時の印象は非常にコントローラブルで楽しく走れるモデルでしたが、GRMNヤリスはその上をいきます。

 例えるなら「AWDの人馬一体」といったらいいレベルで、とにかく手の内感が強いのが印象的です。

 非舗装路は舗装路よりもグリップが低いので、スライドを許容しながら前に進むというドライビングが求められ、特にコーナー侵入は荷重移動をより積極的に活用した操作が重要となります。

 ただ、筆者は非舗装路のプロではないので、グリップの感覚がなかなかつかめず、結果として無駄なアンダー/オーバーを出していました。

 実はGRヤリスでは「こんなものかな?」と思って乗っていたのですが、GRMNヤリスに乗って同じ速度、同じ操作でコーナーに進入するとノーズがGRヤリスよりもインを向いてくれるのです。

 またスライド時のクルマの動きは、どちらかというと暴れ馬を手なずける感覚が強いGRヤリスに対して、GRMNヤリスはクルマとの意思疎通が明確で、意図しない無駄な動きは出ないのにアクションにはシッカリと応じてくれる事です。

 さらに挙動変化を起こしてもその動きがスローに感じるくらい余裕があった(実際は相当速い)のは、唐突な動きがないのとコントロール性の高さから来るものでしょう。

 この辺りは、ボディ剛性向上(スポット+541点&構造用接着剤+12m)で操作に対する反応の良さや入力を受け止める強靭さが増したことに加えて、パワートレインの進化(トルクアップ&ギアレシオ変更)でドライバーが求めるときに必要な力をシッカリ引き出せるようになったことなど、さまざまな部位のレベルアップが相乗効果として走りに出たのでしょう。

 クルマとの信頼関係がより高まると、ドライビングは楽しくなるのはもちろん、より高みを目指すこともできます。

 筆者も最初は探り探りの走行だったのですが、最後は進入から横向きながらといったようなダートラっぽい走りも可能でした。正直いうと、仕事を忘れて「もっと走っていたい!!」と思ってしまったくらいです。

(広告の後にも続きます)

GRヤリスに完成はない!? 進化は「この先も続く」

 GRMNヤリス ラリーパッケージの試乗インプレッション、そろそろ結論にいきましょう。

 舗装路よりも非舗装路のほうがクルマの素性が解りやすいといわれますが、GRMNヤリスのそれは、GRヤリスオーナーとしては嫉妬したくなるレベルにあるのは間違いないです。

「ぜひ、買ってください」と声を大にしていいたいところですが、限定500台の枠はほぼ埋まっており(当選者キャンセルによる繰り上げはまだある)、今から注文することはできず……。

 そんなタイミングでこの試乗会をおこなった意味とはどのようなものなのでしょうか。

 それは、「ここがゴールではない」ということでしょう。

 筆者は「GRヤリスの進化は今後も続くので、その途中過程をシッカリと理解しておいてほしい」というメッセージだと解釈しました。

 実はGRMNヤリスの商談申し込みをした人に、豊田章男社長からお手紙が送られています(私もその一人です)。

 何と便箋3枚に渡る長文なのですが、その一部を少しだけ紹介したいと思います。

「今も開発は続いています。いつまで経ってもGRヤリスは完成形にはなりません。

 完成はせずとも『鍛えた結果』を、随時お客様にお届けすることが、私たちトヨタの責務だと思っています。

 我々はGRヤリスをもっともっと鍛えていきます。GRヤリスの成長を楽しみにしていてください。

『走っていてもっと楽しい車』、『もっと安心して走らせる車』を作り続けてまいります。GRヤリス、GRMNヤリスをこれからもよろしくお願いいたします」