ホンダのリコールに約165億円の制裁金

©Goodpics/stock.adobe.com

米国の国道交通安全局(NHTSA)は2022年2月から現在に至るまで、ホンダ車のファントムブレーキ問題について調査を進めています。

ファントムブレーキとは、自動緊急ブレーキが予期せずに作動してしまう不具合のことを指します。この現象は発生すると、車両が急減速して後続車などとの衝突危険性が高まる可能性があります。

NHTSAはホンダに対し、自動ブレーキに関連するセンサーやハードウェア、ソフトウェアなどの詳細を提出するよう要求しており、8月12日までに対応されなかった場合、ホンダに最大1億2200万ドル(約165億円)の民事制裁金の支払いが命じられます。

オーストラリアでトヨタに集団訴訟…約1,800億円以上の支払いか

188,080,000,000円の賠償金?オーストラリアでトヨタが天文学的な保証金支払か

(広告の後にも続きます)

発端は2月に報告された不具合

調査の発端となったのは、今年2月のアコードおよびCR-Vの自動ブレーキに関する申し立てです。2月時点では170万台以上の車両が対象とされており、278件の苦情と6件の軽症者、6件の衝突事故が報告されていますが、いずれも大事故には至っていません。

現在は調査範囲が拡大されており、前述した2車種に加えてシビック、パイロット パスポート、アキュラ RDXも対象に含まれています。

韓国製EVが事故直後に炎上…なぜそうなった?

3秒で車内に炎…ヒョンデ アイオニック5が炎上、鎮火に7時間要す。熱暴走原因か