クラウンといえばパトカー!

6月20日に出願された新型クラウンの意匠登録
出典:日本国特許庁

トヨタが2022年6月20日に、意匠登録を出願したことで判明した新型クラウンの外観デザイン。

先日はトヨタディーラーへの取材によって入手していた情報を基に、市販型のカラーリングを再現した予想CGを公開しました。

クラウンといえば長年にわたりパトカーとして採用されてきた代表的な車種です。今回は間もなくデビューする新型クラウンがパトカーに採用されたらどうなる?という妄想をかたちにしてみました。

【あわせて読みたい】ディーラー情報から新型クラウン市販型のカラーリングを再現!

新型クラウンはこうなる?意匠登録&事前情報から「RS」市販型を予想!

(広告の後にも続きます)

新型クラウンがパトカーになったらこうなる?

次期型クラウンのパトカー仕様イメージ(編集部作成)

こちらが間もなくデビューする新型クラウンをパトカー仕様にしたイメージ画像。大型グリルや先進的なヘッドライト、SUVテイストを取り入れたハイランディングスタイルなど、従来のパトカーのイメージとは大きく異なる雰囲気になっています。

現行のクラウンユーザーより若い顧客をターゲットとするデザインだけあって、かなり「攻めたパトカー」といえるのではないでしょうか。

次期型クラウンのパトカー仕様イメージ(編集部作成)

パトカーと「一文字テールランプ」の組み合わせも新鮮です。ファストバックのようになだらかな形状をしたルーフやサイドドアのエアバンプはかなりスポーティ。

現行クラウンは2WDと4WD、ガソリンとハイブリッドがどちらも用意されていますが、次期型は4WDハイブリッドのみ。さらに、上位グレード「RS」には2.4Lターボエンジン×モーターの最新ハイブリッドシステムが搭載されます。

実は新型クラウンはパトカーの基準を満たしていない?

とはいえ、警察庁が国費で購入するパトカーに採用されるためには同庁の定める基準をクリアする必要があります。その中の一つに「4ドアのセダン型であること」とあるのですが、SUVテイストを取り入れた新型クラウンは満たせるのでしょうか。

排気量が2,500cc級以上であることも条件なのですが、2,000cc級以上2,500cc級未満の場合、最高出力135kw以上であれば基準をクリアできるので、その点は大丈夫そうです。

画像右のように、車高を落とした従来のセダンらしいパトカー専用モデルも?

そもそもクラウンパトカーは最初からパトカー専用グレードとして作られているため、新型クラウンも少し車高を落としたグレードが作られるのかもしれません。

貴重!新型クラウンの開発車両を公道でスクープ!

新型クラウンの開発車両スクープ!意匠登録の見た目とは少し違う?