スズキがレトロ全振り新型「ラパンLC」初公開!? オシャ顔「フロンテSS仕様」がSNSで話題! 再現度ヤバい画像とは

レトロチックなデザインで話題のスズキ「ラパンLC」ですが、モチーフには同ブランドの歴史ある1台が起用されているようです。そうしたなかでSNSでは、ラパンLCをそのモチーフ車両風に加工した画像も見られます。

大先輩「フロンテSS」を「ラパンLC」で再現!

 2022年6月17日、スズキは「アルトラパン」の一部改良とともに、新たな仕様である「ラパンLC」を発表しました。
 
 レトロチックなデザインで話題のラパンLCですが、モチーフには同ブランドの歴史ある1台が起用されているようです。SNSでは、ラパンLCをそのモチーフ車両風に加工した画像も見られます。

 2002年に「アルト」の派生モデルとして誕生したラパンは、愛嬌あるデザインから女性を中心に幅広いユーザーに人気のモデルです。

 現行型は2015年にデビューした3代目モデルとなっており、丸めのヘッドライトや随所にウサギのアイコンをデザインしたキュートなデザイン、テラコッタピンクやフォーンベージュメタリックといった柔らかいボディカラーが魅力のひとつとなっています。

 そんななか新しく登場したラパンLCは、従来型ラパンとは別にサイトが開設され、別のモデルのようなかたちで紹介されています。

 ラパンLCの特徴は、外装デザインにあり、従来のラパンにはない、メッキのフロントグリルガーニッシュやヘッドランプガーニッシュなどを追加。

 こうしたパーツ類によって、全体的にヘッドライト周りが強調されたレトロチックな雰囲気になっています。

 スズキによると、このラパンLCのデザインは、同ブランドが1967年に発売した「フロンテ360」をモチーフにしているとのことで、SNSでは「懐かしい雰囲気」「新型ラパン、見た瞬間に素晴らしいデザインだと思った」など肯定的な意見が見られます。

 とくに類似しているのが、フロントグリルガーニッシュのデザインで、ラウンドのメッキ装飾から、エンブレムに向かって直線のメッキ装飾が伸びるようなデザインとなっています。

 現行型のラパンにフロンテ360の特徴的な部分をオマージュすることで、当時のフロンテ360を彷彿とさせるレトロな雰囲気が演出されているのです。

 そんなラパンLCを、実際にフロンテ風に加工した画像がSNSで話題となっています。どのような画像になっているのでしょうか。

 画像を作成したのは、「濱田良章(@HAMADAYOSHIAKI)」さん。SNSで以下のようにコメントし、ラパンLCをフロンテ360のなかでもスポーツ性能に特化した「フロンテSS」風に加工した画像を投稿しました。

「ようやく発表となったラパンのマイナーチェンジ。

 すごいと思ったのは、グリルのモールくらいしか寄せてないのに、誰もがフロンテのオマージュと認識できる記号の扱いの上手さ。

 こうなるとコラージュの出番もないので、丸穴に灯火を入れて着色でSSにしてみました」

 加工された画像を見てみると、ボディカラーは当時のスポーティモデルを想わせるソリッドなイエローにカラーリングされ、下部には、フロンテSSを思わせるオレンジ色のラインが施工されています。

 サイドミラーは通常の位置からフェンダーミラーへと変更。ホイールカラーもブロンズとされ、車高も若干落とされているように見えます。

 また、特徴的なフロントグリルガーニッシュの部分には、小さいフォグランプが追加されているうえに、アンテナも追加され、よりフロンテSSに近いデザインとなっています。
 
 濱田良章さんは、こうした画像の加工をした理由について、以下のように話します。

「憧れのあったクルマと、自分が乗る時代に乖離があるのはクルマ好きなら誰しもが抱くジレンマなので、こうしてフロンテの面影が現代に甦ると嬉しくなります。

 日頃から好奇心でそんなコラージュを作って遊んでましたが、今回はそんな必要もなし。代わりに当時の代表グレードのSSを想定してみました」
 
 この濱田良章さんの投稿には「フロンテSSを思い出します」「フロンテSSの復活ですね!」と絶賛の声が相次いでいます。

※ ※ ※

 濱田良章さんは「実車のスポーツパッケージに反映されたら最高ですが(笑)」と話しており、コメント欄にも「本気でこの仕様が出そう」「これで良いじゃん!」など、フロンテSS仕様のパッケージの追加を望む声が見られます。いつか、本当にラインナップされる日も来るかもしれません。