スバル・レックスがデビュー。名車360の血統を継いだリアエンジン軽自動車【今日は何の日?6月29日】

■軽の高性能競争にスバルが送り込んだ高性能モデル

1972(昭和47)年6月29日、富士重工(現、スバル)は「スバル360」、「R-2」の後を継ぐ軽自動車「レックス」を発表、7月から販売を始めました。1967年に登場したホンダ「N360」が火をつけた軽自動車の高性能競争、対抗するスバルはクラストップの性能を持つレックスを市場に投入しました。


スバルR-2の後継車1972に年デビューしたレックス

●軽自動車の歴史を開いたスバル360

中島飛行機を起源とする富士重工が、初めて手掛けた自動車は、1958年にデビューした名車「スバル360」です。飛行機の設計者であった百瀬晋六がリーダーとなって、モノコックボディやRR(リアエンジン・リアドライブ)などの大胆な設計で、軽自動車初の4人乗車を実現。“てんとう虫”の愛称で卵型のキュートなスタイルが人気を呼び、大ヒットします。


スバル360の後継車1969に年デビューしたR-2


百瀬晋六が設計して大ヒットした、1958年デビューしたスバル360

しかし、1960年代後半に入るとN360の登場もあり、徐々にその人気に陰りが見え始め、打開策として1969年に登場したのがR-2でした。R-2は、好調に滑り出すも、エンジンの水冷化による不具合の発生などもあり、販売は低迷します。

●スポーティなウェッジシェイプの高性能モデル

スバル360、R-2の後継として「ハード・ミニ」のキャッチコピーで登場したのが、レックスでした。当時は1968年に登場したホンダの「N360」の出現によって軽自動車の高出力時代が到来、高出力競争が激化していました。


1976年にデビューした51年規制適合 レックス SEEC-T AG -(2ストロークから4ストロークに変更)


1972年にデビューした高性能レックス GSR

レックス最大の特徴は、前年にデビューした大衆車「レオーネ」譲りのフロントマスクと、全高がR-2よりも90mm低く、ワイド&ローでウェッジシェイプのスポーティなスタイリングでした。駆動方式は、当時室内スペースの確保に有利なFFが主流となりつつありましたが、スバル360以来の伝統的なRR(リアエンジン・リアドライブ)でした。小さな車体の中に最大の室内空間を確保するために、エンジンとトランスアクスルを一体化できるRRが有利だったのです。パワートレインはR2と同じ水冷360cc直2気筒 OHC2ストロークエンジンのシングルキャブとツインキャブ仕様の2種類と、4速MTの組み合わせ。トップレベルのエンジン性能によって、ゼロヨン(0-400m)加速は20秒を切る俊足ぶりを発揮しました。

●数々の改良で性能と商品力を強化

1970年代に入ると、本格的な排ガス規制が始まり、高性能時代は終焉を迎えます。レックスのエンジンも、1973年に水冷2ストロークから排ガスに有利な水冷4ストロークエンジンに載せ替え、1975年にレックスは軽自動車で初めて51年規制に適合します。さらに、1977年には軽の規格変更に合わせて排気量を544ccに拡大、最高出力は360ccと同等に抑えてトルクを向上させ、さらに実用的な力強い走りを実現しました。

その後は、高性能モデルだけでなく、時流に沿ってファミリーユースからパーソナルカー、商用車シリーズとモデルバリエーションを増やしていきました。

RR方式は、1960~1970年代にかけて、ポルシェ 911やVWビートルなど多くの名車が採用してきました。しかし、効率が良く扱いやすいFFに取って代わられ、ポルシェ911などごく一部を除くとほぼ全滅状態に。スバル・レックスも2代目からはFFに変更、しかし軽商用車のサンバーだけは「農道のポルシェ」と呼ばれ、2012年の生産終了までRRを貫きました。

毎日が何かの記念日。今日がなにかの記念日になるかも知れません。

(Mr.ソラン)