新型SUVに「新ターボ」「e-POWER」モリモリ! 超カッコいい日産新型「キャシュカイ」2022年9月に欧州発売

2022年6月27日、日産は欧州で新型SUV「キャシュカイ e-POWER」を9月に発売すると発表し、詳細なスペックなどを明らかにしました。

新開発1.5リッターVCターボ+e-POWERはシステム最高出力190psを発揮

 日産の欧州部門は2022年6月27日、同年9月に欧州で発売予定の新型SUV「キャシュカイ e-POWER」のスペックなどを明らかにしました。

 新型キャシュカイ e-POWERは、欧州で初となるe-POWER(イーパワー/シリーズ式ハイブリッド)モデルです。

 ボディサイズは全長4425mm×全幅1835mm×全高1625mm、ホイールベース2665mm。

 日産の代表的なSUVである3代目エクストレイル(全長4690mm×全幅1820mm×全高1740mm、ホイールベース2705mm)に対し、車幅以外はひと回り小柄なサイズとなっています。

 外観は、伸びやかでスタイリッシュなシルエットと日産のファミリーフェイス「Vモーショングリル」の採用が特徴的。エンブレムは、日産「アリア」から展開が始まった新デザインが装着されています。

 e-POWERは、日産が電気自動車「リーフ」で培ったモーター制御技術を応用。搭載エンジンを発電専用とし、生成された電力により100%モーター駆動で効率的に走行させます。

 搭載されるパワートレインは、新開発の1.5リッター 3気筒 VC(可変圧縮比)ターボエンジン(156hp/250Nm)と高出力バッテリー、発電機、インバーター、モーターで構成されます。

 VCターボは、圧縮比を8:1から14:1の範囲で最適可変させる日産独自のエンジン技術です。2018年、北米で日産の高級部門「インフィニティ」から初採用されていますが、キャシュカイに搭載されるのは初です。

 アクセル開度やバッテリー残量の有無などに応じて、高圧縮かつ低燃費な走行から、瞬時のパワーをもたらす低圧縮な状態まで、シームレスに可変させます。

 システム最高出力は190ps(140kW)、最大トルクは330Nmを発揮。0-100km/h加速は7.9秒をマークし、最高速度は170km/hとなります。

 欧州でのカタログ燃費は、5.3-5.4L/100km(WLTPモード燃費/1リッターあたりの燃費は約18.5-18.9km/L)となります。

 また新型キャシュカイ e-POWERには、アクセルペダルの踏み加減だけで発進、加速、減速までをワンペダルでコントロールできる「e-ペダルステップ」も採用され、イージードライビングを実現させます。

 最大0.2Gのブレーキによりテールランプを点灯させ、クリーピングの速度域まで減速させることが可能です。

 なお、新型キャシュカイ e-POWERの日本での発売は未定です。