新顔が精悍! ダイハツ「新コンパクト」発表! 新型「シリオン」MTレスで約208万円から 尼市場に投入

インドネシア市場で、ダイハツの新型コンパクトカー「シリオン」が発表されました。どのような点が改良されたのでしょうか。

トランスミッションとして「D-CVT」を全車に搭載

 ダイハツのインドネシア法人(アストラ・ダイハツ・モーター)は、2022年6月2日に「シリオン」のマイナーチェンジモデルを発表。発表会の模様をオンラインでも配信しました。

 改良を受けた新型シリオンは、どのようなコンパクトカーとして現地で展開されるのでしょうか。

 シリオンは、現行モデルが2018年に登場しました。

 ボディサイズが全長3895mm×全幅1735mm×全高1525mmで、1.3リッターガソリンエンジンを搭載。

 生産はダイハツとマレーシアの現地法人であるプロドゥアが担当し、インドネシアへ輸出されます。

 今回、マイナーチェンジを受けた新型シリオンは、フロントフェイスを刷新。バンパーのデザインも変更されたほか、アウターミラーカバーもブラックの新タイプを採用します。

 また、スマートフォン連携に対応したディスプレイや、高効率な走りを実現するアイドリングストップシステム、そして「D-CVT」などを搭載。なおトランスミッションにMTの設定はありません。

 新型シリオンは「X」と「R」の2グレードが展開され、価格は2億2760万ルピアから2億3680万ルピア(約208万円から約217万円)に設定されます。