スズキ開発の新型SUVをトヨタが販売

スズキ 新型SUVのティザー画像

2022年6月24日にトヨタは、スズキが開発した新型SUVを、トヨタのインド現地工場トヨタ・キルロスカ・モーターで生産することを発表しました。この新型SUVはトヨタ、スズキそれぞれで新型車として販売。アフリカを含めインド国外への輸出も計画していることを明かしています。

新型SUVは、トヨタとスズキそれぞれが開発したマイルドハイブリッド、ストロングハイブリッドをパワートレインとして搭載。双方の強みを持ち寄り、幅広い電動化技術の提供を実現したと発表しました。

トヨタとスズキは2017年に業務提携に向けた覚書を締結し、2019年には自動運転分野等の領域で資本提携も行っています。トヨタとスズキの関係が深まっている中、スズキの人気モデル『ジムニー』がトヨタにOEM供給されたとする姿が予想されました。

インドで「car」は通じない?2台に1台がスズキ車

インドでは車のことをスズキと呼ぶって本当?世界で戦う「SUZUKI」の凄さ

(広告の後にも続きます)

ジムニーがコンセプトBEV『コンパクトクルーザー』風のデザインに!

提供:Theottle氏

スズキ ジムニーがトヨタにOEM供給された姿として描いた予想CGを海外のCGアーティストTheottle氏が作成しました。

全体の基本シルエットは『ジムニー シエラ』を踏襲しつつ、フロント周りは昨年2021年12月にトヨタが公開した『コンパクトクルーザー』をイメージしたデザインを採用。

ジムニーの持つ無骨でありながら機能美を感じるデザインと、トヨタの先進性にあふれたデザインが融合したクロスカントリーSUVとなっています。

コンパクトクルーザーにファン熱視線!

FJクルーザー後継?「コンパクトクルーザー」外観公開、世界もデザイン絶賛