発見確率“ほぼ0%”な「隠れカロクロ」、トヨタSUV「カローラクロス」に実在!? 意外すぎるマークの場所とは

トヨタのコンパクトSUV「カローラクロス」には、「隠れカローラクロスマーク」が随所に散りばめられているといわれています。どこにあるのでしょうか。

7つの「隠れカローラクロスマーク」を紹介

 カローラシリーズ初のSUVとして2021年9月14日に発売されたトヨタ「カローラクロス」。都会的かつアウトドアにも映えるスタイリングや、高いユーティリティ性能を兼ね備えたコンパクトSUVとしてラインナップされています。

 そんなカローラクロスですが、随所に「隠れカローラクロスマーク」が散りばめられているといいます。そのなかのひとつは、見つけるまでのハードルがとてつもなく高いというのですが、どんな場所にあるのでしょうか。

 兵庫県内に12店舗を展開するトヨタカローラ兵庫では、カローラクロス発売後の店舗ブログで、7つの隠れカローラクロスマークを紹介。

 マークを見つけられたときは「すごく嬉しかった」と投稿文で振り返っています。

 ボディ前側にあるマークとしては、「フロントウインドウ下部」や「前席ドア内側の付け根」。

 そして、「車体左後ろのクォーターウインドウ」にもひとつ。

 さらにボディのリア周辺にも豊富にあり、「テールランプの側面」を含め3つの隠れカローラクロスマークがあるということです。

 ちなみに、一般ユーザーが見つけるのがもっとも難しいと思われる隠れカローラクロスマークは、フロントマスクの中央「ナンバープレート取り付け台座」に刻まれています。

 ネジで厳重に留められているナンバープレートの下に隠れており、日の目を見る機会は極めて限られそうです。

 トヨタカローラ兵庫のブログ投稿文でも「ナンバープレートの下は、ほぼ見つけられる確率ゼロですね」と振り返っています。

※ ※ ※

 カローラクロスだけでなく、ホンダ新型「ステップワゴン」や日産新型「サクラ」など最近発売された新型車でも「隠れマーク」が配されているといい、実車に触れる際に探してみるのもいいかもしれません。