現行アルファード&ヴェルファイアが受注停止へ

特別仕様車「S“TYPE GOLD Ⅲ”」

トヨタのフラッグシップミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」が、新規の受注を全面的に停止することがトヨタディーラーへの取材で明らかになりました。

両車は最近だと5月13日に特別仕様車や新グレードを発売したばかり。また、アルファードについては7月下旬に超VIP仕様コンプリートカー「Spacious Lounge(スペーシャスラウンジ)」を100台限定で発売するという情報も入手しています。

5月に発売した新モデルは、発売直後にも関わらずアルファードの特別仕様車もヴェルファイアの新グレードも受注を停止してしまったようです。それもあって、今回の新規受注停止のニュースはかなり急だと言わざるを得ません。

1,500万円超え超VIP仕様が復活?アルファードに100台限定車が登場予定

ロイヤルラウンジ再来?アルファード「4人乗り超VIP仕様」100台限定で登場!

(広告の後にも続きます)

「来年5月の切り替え」に向けた準備

トヨタは販売店に対して、受注を停止する理由は「来年5月の切り替えに向けた準備」だと伝えているとのこと。つまりこれは、2023年5月に次期型アルファード&ヴェルファイアが登場することを示唆しています。

2023年5月というと、ちょうど今年の特別仕様車発売から1年が経過したあたり。納得のいくタイミングなのではないでしょうか。

話を伺った営業担当の方によると、元々トヨタディーラー内では来年の春頃に次期型アルファードが登場するのではないかという噂が浮上していた模様。今回トヨタから明確に「来年5月の切り替え」という言葉を伝えられたことで確信に変わったそうです。

【間もなくデビュー】新型クラウンのデザインが特許画像から判明!

トヨタが新型クラウン意匠登録、デザイン判明!スポーティなクーペSUV風に

【新型車情報カレンダー:2022~2023年】ニューモデル&フルモデルチェンジ予想&リーク&スクープニュースまとめ