bZ4Xの売れ行きが芳しくない…?

トヨタ bZ4X

トヨタとスバルが共同開発したグローバルBEV「bZ4X」。現在では日本をはじめとし、米国や中国などでも販売されています。

日本市場では2022年5月14日からKINTOでのみ取り扱いを開始。初年度の国内販売台数は5,000台を計画しており、第1期に3,000台、今秋の第2期に残りの申込みを順次受け付けるとのことでした。

今回、トヨタディーラーにbZ4Xについて伺ったところ、以下のような話を聞くことができました。

「出る出る詐欺にはしない」トヨタの本気チューンドBEV『GR bZ4X』は登場確実?

(広告の後にも続きます)

まだ少なくとも1,500台は残っている

ディーラーの営業担当の方曰く、「メーカーは2日で売り切れると期待していたようだが、少なくともまだ1,500台は残っている」とのこと。

bZ4XはKINTOまたはリースのみの取り扱いであるうえ、KINTOでの契約には770,000円の申込金が必要。さらに車両価格自体も600万円からと高級車と言えるクラスになります。

BEVインフラの整備もさほど進んでいない中、こんな車種をしかもリースで売るだけでもすごいことなのですが、「2日で売り切れる」という想定からは大きく乖離してしまっているようです。

ちなみにトヨタは国内に約6,000箇所の販売店を構えており、2店舗に1台の受注があれば3,000台は即完するはず。それでも売れ残っているということはやはり車両価格と販売方法、インフラの状況などが足かせになっていると言わざるを得ません。

トヨタが新型クラウン意匠登録、デザイン判明!スポーティなクーペSUV風に