ロングホイールベースの5ドア!「ジムニーロング」とは?

スズキ ジムニー

スズキの本格オフローダー「ジムニー」は2018年に約20年ぶりとなるフルモデルチェンジを果たし、今なお人気が衰えないスズキのメガヒットモデルです。

軽自動車規格の「ジムニー」と1.5リッターエンジンを搭載する「ジムニーシエラ」、2つのタイプをラインアップしていますが、3ドアの4人乗りである点は共通となっています。

そこで登場がうわさされているのが、ホイールベースを延長して室内空間を広げ、後部ドアを設けたロングホイールベースの5ドア版ジムニー(ジムニーロング)です。かねてよりインドで開発中だとうわさされていて、実際に開発車両も目撃されています。

発売はおろか発表もされていないものの、オーストラリアでは現地スズキディーラーにて5ドア版ジムニーの予約と預り金の支払いがあったことも報じられているほか、日本のスズキディーラーからも「インドでは発売される」という情報が取材によって得られているため、その登場は確実。

あとはもう発売を待つばかりという段階となっていますが、その発売時期について海外メディアが報じました。

スズキ ジムニーロング(5ドア&3列仕様)に関する最新リーク情報すべて

(広告の後にも続きます)

ジムニーロング、2023年半ばに発売!現地メディアが報道

2021年3月に目撃された開発車両

インドの自動車情報を扱う海外メディアでは、5ドア版ジムニー(ジムニーロング)が2023年半ばに発売となることが報じられています。

また、2列シートの5人乗りと3列シートの7人乗り、2つのバリエーションが展開され、エンジンは1.5リッターのK15Bガソリンエンジン、つまりジムニーシエラと同型のエンジンを搭載するようです。これに12Vのスズキ・ハイブリッド・システムを組み合わせた、マイルドハイブリッドのパワートレインを採用。

全長とホイールベースは3ドアのジムニーシエラと比較していずれも300mm延長となり、全幅、全高は同じになるとのこと。

5ドア版ジムニー(ジムニーロング)のボディサイズ・乗車定員

車種 ジムニー ジムニーシエラ 5ドア版ジムニー(ジムニーロング)
全長 3,395mm 3,550mm 3,850mm
全幅 1,475mm 1,645mm 1,645mm
全高 1,725mm 1,730mm 1,730mm
ホイールベース 2,250mm 2,250mm 2,550mm
乗車定員 4人 4人 5人または7人