「おじさん激論!」ハイブリッド廃止も「スカイラインといえばターボでしょ!?」どの世代が一番? 伝統の「スカGターボ」3選

ハイブリッド車の販売終了により、日産のスポーツセダン「スカイライン」はいま6気筒ターボのみのラインナップとなっています。今回はスカイラインの歴史において、重要な役割を果たした6気筒ターボモデル3選をお届けします。

スカイラインの歴史を彩った6気筒ターボのセダン 3選

 日産は2022年4月頃に公式WEBサイト上で、同社のスポーティセダン「スカイライン」ハイブリッド車について「注文台数が予定販売数量に達したため、オーダーを終了いたしました」と掲載しました。
 
 2022年5月下旬現在、3リッターツインターボエンジン車のみを残し、引き続き販売されています。

 ハイブリッドの受注停止について、SNS上では「電動化の時代に逆行している」と残念がる声があります。

 しかし一方、コアな日産ファンの間では「スカG(スカイラインGT)といえば6気筒ターボ!」「スカイラインはセダンでスポーティなことに意味がある」と歓迎する声も広まっているようです。

 実際、スカイラインはこれまで、6気筒ターボを搭載した高性能エンジンの投入でたびたび話題を呼びました。

 今回はそんなスカイラインの歴史の中でも、セダンモデルと6気筒ターボにまつわる歴史的な3モデルを振り返ります。

●高性能時代の幕開け! 5代目“ジャパン”C210型スカイライン GTターボ

 スカイラインの2リッター「L20E」型直列6気筒エンジンに初めてターボエンジンが搭載されたのは、通称“ジャパン”こと、5代目C210型のモデル途中からでした。

 1980年6月に追加されたスカイライン GTターボは最高出力145ps(グロス)を発揮。“スカGターボ”の愛称とともに、年々厳しさを増していた排ガス規制により高性能化から一時閉ざされていた国産車において、新たなハイパワー時代の幕開けともいえる1台となりました。

 また当時放映されていた人気の刑事ドラマ「西部警察」においても、スカGターボをベースにした特殊車両が「マシンX」の名で登場したことでも話題を呼び、今なおコアなファンからも支持を集めています。

●歴代人気はNo.1!? R32型 8代目スカイライン GTS-t

 バブルの好景気真っ只中にある1989年に誕生した8代目スカイライン(R32型)は、同時に発表された超高性能版「スカイライン GT-R」(BNR32型)の復活が大きなニュースでしたが、通常モデルも思い切った路線変更で話題を呼びました。

 それまで、ライバルのトヨタ「マークII」に対抗すべく高級化路線へ突き進んだ7代目から一転。好景気の時代には異例ともいえるボディサイズの小型化を敢行しながら、スポーティ路線へと一気に舵を切ったのです。

 最高出力215psの2リッター直6ターボエンジンやマルチリンク式サスペンション、後輪角度を制御するスーパーHICASの採用などによる高性能な走りは高評価を受け、いまだ歴代スカイラインのNo.1スポーツセダンだと推すファンも多い1台となりました。

●現行V37型は“史上最強のスカイラインセダン”だ!「スカイライン 400R」

 2014年2月にフルモデルチェンジした13代目V37型スカイラインは、当初3.5リッターと2.5リッターの各V型6気筒ノンターボエンジンのみのラインナップでした。

 2015年には2リッターターボエンジン搭載の「200GT-t」が追加されたものの、アライアンス先の直列4気筒エンジンを流用したもの。6気筒のターボエンジンは、2019年7月実施のビッグマイナーチェンジ時に復活しました。

 3リッターV型6気筒ツインターボ「VR30DDTT型」エンジンは、通常版の304ps仕様に加え、スカイラインセダン史上最高となる405psの大出力版「400R」が登場しました。

 400馬力超えのハイパワーモデルは「スポーツセダンの復活!」とコアな日産ファンからも大歓迎され、一定の販売実績を上げています。

 なおスカイライン セダンの6気筒ターボエンジン車は、2001年に生産を終えたR34型の2.5リッターターボ以来、およそ18年ぶりの復活となりました。

※ ※ ※

 スカイラインのハイブリッドが注文中止となるいっぽう、2022年夏には高級セダン「フーガ」「シーマ」販売終了の見込みとなっています。

古典的なスタイルのセダン車ですが、近年はSUVやミニバンなどの人気に伴い数を急激に減らしています。

 日産でも4ドアセダンの「シルフィ」「ティアナ」が、2020年にそれぞれ日本向けのモデルの生産をすでに終了済み。

 したがって現行型のスカイラインターボは今夏以降、日本の日産車では唯一の貴重な4ドアセダン車となる見込みです。