いすゞが3列SUV「MU-X」の実車公開! 「ランクルプラド」サイズのタフ顔デザイン! なぜ日本未導入車をお披露目した?

いすゞは海外向けに展開する3列SUV「MU-X」の実車を「人とくるまのテクノロジー展 2022 YOKOHAMA」にて公開しました。なぜ日本未導入となるMU-Xを展示したのでしょうか。

いすゞの3列SUV「MU-X」とはどんなモデル?

 2022年5月25日、いすゞは「人とくるまのテクノロジー展 2022 YOKOHAMA」にて、海外市場向けのSUV「MU-X」の実車をお披露目しました。
 
 日本では、トラックメーカーとしてのイメージが強いいすゞですが、MU-XとはどのようなSUVなのでしょうか。

 MU-Xは、いすゞが海外で販売するピックアップトラック「D-MAX」の車体構造とコンポーネントをベースに開発されたモデルです。

 D-MAX同様に高い悪路走破性、耐久性、けん引性能を持ち合わせたSUVとして、タイをはじめとするアセアン地域、オーストラリアなど世界60か国以上で支持され、現行モデルは2019年に7年ぶりのフルモデルチェンジとなった2代目となります。

 エクステリアデザインは、‘Emotional and Solid’をコンセプトに足回りの力強さを強調したボディ。

 そして、のびやかで流麗なキャビンで構成し、スポーティーで堂々とした佇まいを持つスタイルとなっています。

 フェイス部分では、鋭い印象のLEDオートヘッドランプとフロントメッキグリルにより、洗練された上級感を表現。

 リア部分は、シャープな造形と細部まで造り込んだテールランプを採用することで先進感のあるデザインとなっています。

 ボディサイズは、全長4850mm×全幅1870mm×全高1875mm、ホイールベース2855mmの7人乗りモデルとなり、日本でも販売されているトヨタ「ランドクルーザープラド」に近いサイズです。

 インテリアは、「Solid and Elegant」をコンセプトに、インストルメントパネルは、中央に配置された大型ディスプレイを跨ぎ、左右へ伸びる抑揚のある造形とセンタークラスターからフロアコンソールまでの連続感のある造形で構成し、力強さと上級感を両立しました。

 メーターやスイッチなどの細部の造形に加え、加飾素材の組み合わせなど内装の質感にもこだわり、より上質な室内空間を実現しました。

 先進安全&快適機能では、「前後パーキングソナー」「電動パーキングブレーキ」「ステレオカメラ」「レーダー」「LEDオートヘッドランプ」、「電動リフトゲート」などが採用されています。

 展示車に搭載されるパワートレインは、3リッターディーゼルエンジン(最高出力190馬力)に6速ATを組み合わせた4WD仕様で、最大けん引重量は3500kgとなっています。

 今回、日本未導入のMU-Xを展示した理由について、いすゞの担当者は「日本ではトラックなどのイメージが強いですが、海外ではこのようなSUVも販売していますというアピールのために今回展示しました。日本導入などの予定はまったくないです」と話しています。

 また、展示されたMU-Xについて担当者は「展示車はオーストラリア仕様に3つあるうちの最上級グレード(一部実際に現地で市販されているものとは異なる箇所がある)となり、あくまで参考/プロト仕様です」と説明していました。

 日本では販売されていないMU-Xですが、いすゞならではの悪路走破性能や耐久性、そしてデザインや先進性といった部分において、一定の需要は見込めそうです。