仕舞寸法の短いキャスティング用スピニングロッドがあれば、さまざまなシチュエーションでルアーゲームを楽しむことができます。

ダイワのラテオモバイルなら、仕舞寸法が70cmから89cmの間で収まってくれますから、肩に担いで移動することも可能に。

気軽に軽快に釣りを満喫したいアングラーにとって、欠かせないロッドになっています。

その特徴や使い方、マッチしそうなおすすめリールについてご紹介しましょう。

ラテオモバイルってどんなロッドなの?

ラテオモバイルとは、ダイワから発売中の4ピースに分かれる、モバイル系キャスティングロッドのことです。

モデル設定は、全部で5種類用意されています。

自分のやってみたい釣りスタイルに合わせて、じっくり選んでみましょう。

ラテオモバイルには、HVFとX45の高品質ブランクスが採用されているので、高い感度を誇り、ネジレからの復元力も保持しています。

グリップにはエアセンサーシートが配備されていて、ガイドシステムにはステンレス製のガイドフレームに、SiCガイドリングが搭載されています。

気になる継目部分には、ダイワ独自のVジョイントが使われていますから、しなやかな曲がり・しなりを実現してくれるでしょう。

それではラテオモバイルを機種別にチェックしてみます。

●86ML-4・・・全長2.59mで4ピース仕様、仕舞寸法はシリーズ最小の70cmです。

ウエイトは125gと軽めで、先径/元径は1.6/12.4mm。

適合するルアーウエイトは7gから35gですから、市街地でシーバスを狙うのに向いているでしょう。

適合するPEラインは0.6号から1.5号で、ブランクスのカーボン素材含有率は96%になります。

●90ML-4・・・全長2.74mとやや長めで、仕舞寸法は73cm。

ウエイトは132gで、先径/元径は1.6/12.9mmと細めの設定。

適合するルアーウエイトは7gから35gで、1.5号までのPEラインにマッチします。

ブランクスのカーボン素材含有率は、96%です。

ウェーディングゲームにもじゅうぶん対応できるスペックに、仕上がっているのではないでしょうか。

●96M-4・・・全長は2.90mと長くなっていて、仕舞寸法は78cmです。

ウエイトは149gで、先径/元径は2.1/15.2mmと太目。

適合するルアーウエイトは10gから50gなので、シーバスゲーム以外にライトショアジギングゲームも楽しめるでしょう。

適合するPEラインは、最大で2.0号まで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98%になっています。

出典:ダイワ

(広告の後にも続きます)

ラテオモバイルの機種別スペックをチェック!

●106M-4・・・全長が3.20mと、3mを超えたサイズになっています。

仕舞寸法は85cmで、ウエイトは158g。

先径/元径は2.1/15.2mmと太目で、適合するルアーウエイトは10gから50gまで。

PEラインなら最大2.0号まで対応可能で、ブランクスのカーボン素材含有率は98%です。

サーフエリアでのヒラメ・マゴチゲームにも使うことのできる、ロングキャストモデルといえそうです。

●110MH-4・・・最も長い3.35mに設計されていて、仕舞寸法は89cmになります。

それでもウエイトは193gと軽めで、先径/元径は2.2/15.2mmに。

適合するルアーウエイトは、12gから60gまで。

PEラインは、最大2.5号まで使うことができます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98%です。

磯場でヒラスズキや回遊青物を狙うのに、丁度いいロングロッドに仕上がっています。

出典:ダイワ