ボディの前後に金属製の回転プロップが付いていて、水流を受けて水中で高速回転する仕組みになっているのが、シンキングスイッシャーです。

ティムコのステルスペッパー110Sならスローにリトリーブしても、プロップが回転するように作られています。

その特徴や使い方、2022年に追加される新しいカラーバリエーションについて、詳しくご紹介しましょう。

ステルスペッパー110Sってどんなルアーなの?

ステルスペッパー110Sとは、ティムコから発売中のシンキングスイッシャーのことです。

前後に装着されている薄い金属製のプロップが回転し続けることで、ベイトフィッシュの無防備感やフラッシング効果を得ることができるようになっています。

サイズ設定は、全長が110mmで、ウエイトが15g。

野池や湖に生息しているベイトフィッシュの体長にかなり近づけているので、ルアーを発見したバスに捕食スイッチが入りやすくなっています。

また離れていても見つけやすいボリューム感があるので、釣り当日に初めて投入するサーチベイトとしての役割を果たしてくれるでしょう。

ボディに内蔵されたウエイトは、固定式で低重心に調整されているので、安定したスイム姿勢をキープしつつ、ロンクキャストするのに適しています。

そして何より注目なのは、前後に1枚ずつ装着されているステンレスバネ材のプロップ。

プロペラのようなデザインになっていて、軽めのヒネリが入れられています。

正面からの水流を受けるとレスポンスよく回転し続け、独特の波動とフラッシング効果を生みだします。

ベイトフィッシュはこの回転要素を持っていませんが、微細な波動を生みだすことはあります。

ヒレや体表に並んでいるウロコなどによって発生するもので、筋肉を動かすたびに波動が起きているわけです。

それを0.3mm厚のプロップによる回転で表現するというのは、とても斬新で画期的。

ベースとなるものは、100年以上前にアメリカで開発された木製ルアーに見つけることができますが、スロースピードでリトリーブしてもきっちり回転するものとなると、このステルスペッパーシリーズが突出しているでしょう。

ボイルが起きている沖合いを直撃してもかまいませんし、岸際のカバー周りをトレースしてもOK。

バスがそこに潜んでいたら、目の前をプルプルと通過させるだけで、バイトに持ち込むことができるでしょう。

スローシンキング仕様なので、カウントダウンしていけばボトム付近をトレースすることも可能です。

でも前後のプロップが回転すると浮力が発生するらしく、水面直下をトレースする状態になりやすい特性を持っていまする

出典:ティムコ

(広告の後にも続きます)

ステルスペッパー110Sの使い方をチェック!

ステルスペッパー110Sの使い方は、15gのウエイトを活かしてベイトタックルに組むことから始まります。

ロングキャストを敢行したら、ロッドティップを上方に持ち上げてリトリーブ。

そうすると浮き上がって水面直下をトレースしやすくなります。

ロッドティップを下げてスローにリトリーブすると、浮き上がりを抑えた状態で操れます。

釣り場のシチュエーションに応じて、通してくる層を切り換えてください。

バスのチェイスが頻発する層を見つけたら、徹底して同じ層を泳がせるようにしたいものです。