海外には少し変わった祭りやイベントが数多く存在する。日本ではその雰囲気を味わうことができないことから、「一度は参加してみたい」と思う人もいるはずだ。

そこで今回は、海外の少し変わった祭り・イベントを5つ紹介する。ライフスタイル誌から誕生した男の隠れ家デジタルが、知的好奇心をくすぐる情報を解説しよう。

■1.ホーリー祭り|インド

インドのホーリー祭りは、赤や緑、黄色など、カラフルな粉を相手につけて祝うイベントである。もともとは豊作を祝う祭りであったが、神話や地方の風習が合わさったことで、いまでは春を迎える祭りへと変化した。

この祭りに参加すると、知人から見知らぬ人まで、顔や体に色粉をひたすら塗り合い、その後は色水をかけて盛り上がることができる。「ハッピー・ホーリー」と言いながら、互いに抱きつき合う人も珍しくない。

日本では考えられないほど盛り上がるイベントであるため、インドに立ち寄った際はぜひ参加してみてほしい。

(広告の後にも続きます)

■2.ランタン祭り|ベトナム

ベトナムで行われるランタン祭りは、ランタンの灯りだけで一夜を過ごすというイベントだ。ベトナム中部の「ホイアン」という町で毎月開催されており、そのイベントでは色鮮やかな多数のランタンを堪能できる。

もともとはベトナムに住んでいる人々が先祖を敬うためのイベントであったが、現在では世界中から多くの観光客が集まっている。

辺り一面がランタンだらけという、なんとも言えない神秘的な光景を楽しむことができる。ちなみに、このランタン祭りはベトナムに限らず、日本の富山県や新潟県でも開催されている。内容やランタンの形は違うものの、雰囲気は似ているため、興味がある人は参加を検討してみてほしい。