海水と淡水が混ざり合う汽水域には、さまざまな魚が集まって来ます。

中でもよく釣れて、食べて美味しいのが、ハゼ。

釣れる時期や釣り方・仕掛け・おすすめタックルについて、詳しくご紹介しましょう。

ハゼってどんな魚なの?

ハゼは、スズキ目ハゼ科に属している魚で、よく釣れるのはマハゼになるでしょうか。

河口から河川に至る、汽水域に棲んでいることが多く、大量に接岸してくる夏から秋にかけてが、ハゼ釣りに適している時期といえます。

体長は10cmから20cmを超えるものまで混在していますが、秋に近づくほど大きくなり、冬の釣れるハゼは大型が多いことで知られています。

でも水温が高い季節のほうがポンポン釣れるので、ハゼ釣りにおすすめの時期は、夏から秋と考えていいのではないでしょうか。

ハゼを狙う場所は、河口から河川にかけての浅いエリア。

ボトムが見えてしまうようなところでも、ハゼが定着している様子を確認できます。

光るものや動くものに対して、機敏に反応してくれますから、トラウトゲームで用いるルアー=スプーンやスピナーが効果的。

キャストしてゆっくりリトリーブするだけで、ルアーの後ろについてくるでしょう。

すぐに食い付くこともありますが、あきらめてしまうのか食わないことも。

そんなときは、ボトムをリップで叩くことのできる、クランクベイトにルアーを交換してください。

小粒なサイズのフローティングモデルにすると、ハゼがエサとして認識しやすいですし、リップで急速潜行してボトムにガンガン接触してくれます。

その際に衝突によってバランスを崩し、そこから立ち直ろうとするアクションがハゼを誘います。

またクランクベイトのリップが、ボトムに堆積している砂や泥を巻き上げるので、発生した濁りに反応してハゼが近寄ってきます。

濁りの中にクランクベイトを見つけたら、一気に間を詰めて食い付いてくれるでしょう。

トラウトゲーム用に作られたクランクベイトを転用してもかまいませんし、ハゼ釣り用に作られたものも数多く市販されていますから、それらを駆使してみてください。

基本的なアプローチは、ルアーをキャストしてただ巻きするだけ。

とてもカンタンなので、釣り初心者の人でもすぐに始められる釣りといえるでしょう。

柔らかいブランクスを持ったスピニングロッドとスピニングリールを用意して、釣り場へ向かうようにしましょう。

出典:YouTube

(広告の後にも続きます)

ハゼ釣りにおすすめの釣り場はどこ?

ハゼ釣りにおすすめの釣り場は、比較的小規模な河川です。

その河口域から上流に向けて歩きながら、釣りやすい場所を見つけてはルアーをキャストしてみましょう。

ハゼは警戒心が強めなので、いきなり水際に立つのではなく、離れた場所からキャストに入ります。

水際まで近寄った場合でも姿勢を低くして、できるだけ水中のハゼから発見されないように努力してください。

しゃがんでキャストするだけでも、釣果に大きな違いが生まれることがあります。

物陰に隠れてキャストすることも有効なので、ぜひ実践してみてください。

そんなふうにしてクランクベイトをリトリーブしていると、チヌやシーバスが掛かってくることも。

思わぬ大物ゲットで、よりエキサイティングな釣りを楽しめるでしょう。