青物をロックショアから豪快に狙うのが、ショアジギングのイメージ。

防波堤などの足場の良いところから、軽めのメタルジグやジグサビキをキャストするライトショアジギングも、根強い人気を誇っています。

青物はもちろん、ロックフィッシュやヒラメ・マゴチ・シーバスなども、ターゲットに含まれるようになります。

ここでは、ライトショアジギングの釣り方について、詳しくご紹介しましょう。

ライトショアジギングってどんな釣り方なの?

ライトショアジギングとは、軽めのメタルジグを用いておこなうキャスティングゲームのことです。

従来のショアジギングだと、100g前後のヘビーなメタルジグまで背負うことが多いのですが、ライトショアジギングの場合は、10gから40g前後のものがメインとなるでしょうか。

ハッキリとした線引きはおこなわれていませんから、ショアジギングよりもライトなメタルジグやタックルで実践する釣りスタイルだと認識してください。

ターゲットは、メタルジグが軽くなることで幅広いものに変わります。

青物全般は含まれるとして、もっと浅いエリアに定着している魚も狙えることに。

具体的には、防波堤などから届くシモリなどに潜んでいるロックフィッシュ。

カサゴやアイナメ・ソイ・アコウなどが、食い付いてくるようになるでしょう。

まずは、ラインにスナップを結んで、20g程度のメタルジグを装着してください。

かなり軽く感じるかもしれませんが、飛距離はしっかりと伸びてくれます。

釣り場として選ぶのは、足場の良い防波堤がベター。

漁港から伸びている防波堤なら、近くを漁船が通ることでミオ筋が出来ているはず。

他のボトムよりも深くなっているミオ筋を横切るイメージで、20gのメタルジグをロングキャストしてみてください。

水面に着水したら、スピニングリールのベールを戻さずにフリーフォール。

どれくらいの秒数で着底するか、きっちりと計ります。

もし10カウント掛かったら、次にキャストするときも計ってみて、どれくらいの差のある深さになっているのか、認識しましょう。

段差があることが判明したら、そのピンポイントに再度アプローチして、魚の有無を探ることができます。

ロックフィッシュはもちろん、青物も足を止めることのある段差=ブレイクラインを攻めることで、バイト数はかなり増える可能があります。

常にボトムまでメタルジグを落とし込むので、トレブルフックは外してアシストフックのみにしておいたほうが、根掛かりトラブルを防げるかもしれません。

ボトムの地形変化に引っ掛かっては外れることを繰り返しているうちに、魚が気づいてバイトしてくるでしょう。

引っ掛かった回数が多いと感じたら、手元にメタルジグを回収してハリ先をチェック。

鈍っているようなら、その場でアシストフックを交換してください。

出典:YouTube

(広告の後にも続きます)

ジグサビキにもチャレンジできるライトショアジギング!

ライトショアジギングでは、メタルジグとショックリーダーラインの間に、専用のサビキ仕掛けを装着することがあります。

これをジグサビキと呼んでいて、太い幹糸やハリスでサビキ仕掛けが作られています。

メタルジグに反応はするけれど食い付いてこない魚がいるようなら、このジグサビキで食わせの要素をアップさせてください。

コマセカゴの代わりにメタルジグがぶら下がっている状態なので、仕掛けが着底したらラインにテンションを与えたり抜いたりして、サビキを躍らせると効果的です。

あまりにラインテンションを緩めると、根掛かりを多発することにもなるので注意してください。