バス釣り用ワームの中には、テキサスリグと相性のいいパドルテールワームや、ジグヘッドとマッチするチューブワームが存在します。

双方のメリットを上手くハイブリッドして作り上げたのが、ノリーズのパドチューです。

2022年には、新しいカラーバリエーションが追加リリースされるとのこと。

その特徴や使い方、おすすめのロッドをご紹介しましょう。

パドチューってどんなワームなの?

パドチューとは、ノリーズから発売中のバス釣り用ワームのことです。

大きさは1種類で、全長2-1/2inch=約69mmとひと口サイズになっています。

ボディは中空構造なので、中に空気が入っていて水平姿勢を取りやすいです。

例えば、オフセットフックを装着した状態で、ダウンショットリグに組んでみましょう。

フックの重みをボディ内部の空気が相殺してくれるので、だらりと下がった状態にはなりません。

ほぼ水平に近い姿勢をキープしますから、ロッドでシェイクすると、プルプルと震えるようなアクションを発生させます。

まさにエビなどの甲殻類や、水生昆虫のような生命感を溢れさせることができるのです。

パドチューをジグヘッドリグに組んでみると、アクションそのものが激変します。

ジグヘッドのウエイト部分を、パドチューのパドルテールの付け根から挿入。

突き当りまで入れたら指で強めに押して、ジグヘッドのラインアイを飛び出させてください。

そこにラインを結んでキャスト、着水と同時に弧を描くようにスパイラルフォールを始めます。

ジグヘッドのウエイトを軽くすれば、スローにスパイラルさせることも可能で、バスにとってとても魅力的なアクションを作り出せるのです。

着底したら、ロッドを立ててジャークしてみてください。

引っ張り上げられようとするチカラに、パドルテール円筒ボディが抵抗となって、大きくダートするでしょう。

もしバスが追従していたら、急なダートを目の当たりにして、リアクションバイトしてしまうかもしれません。

実際に釣り場へ出向いて、パドチューを使ってみました。

スピニングタックルを用意して、最初はジグヘッドリグから。

1gから2g程度のウエイトにすれば、かなりスローにスパイラルフォールさせることができます。

着底するまでにバスやブルーギルが食い付いてくることが多く、ヘラブナやコイも口に吸い込んでしまうことがあります。

微細な震えを続けたり止めたりしながら、水深の浅いエリアでサイトフィッシングするのにも向いているでしょう。

(広告の後にも続きます)

パドチューを活用してバス釣りを楽しんでいる動画はこちら

出典:YouTube