男性が方言を使いこなせば、女性に好印象を与えられる可能性がある。とはいえ、方言と言ってもその種類は多岐にわたるため、「どの方言が魅力的なの?」という疑問を抱える人もいるだろう。

そこで今回は、男性が使うとカッコいい方言を3つ紹介する。ライフスタイル誌から誕生した男の隠れ家デジタルが、知的好奇心をくすぐる情報を解説しよう。

■方言を使う男性はカッコいい?

方言を使う「方言女子」であれば、男性ウケが良いのは有名な話だ。標準語とは違う温かい印象から、キュンとくる男性も多いはず。

一方、男性が方言を使う姿は女性にどう映っているのだろうか? 結論、方言を使う男性をカッコいいと思う女性は一定数存在する。

もちろん全員が方言好きというわけではないが、方言を使う男性を見て以下のような感想を抱く場合がある。

・標準語よりも男らしく感じる
・勢いとノリがあるから一緒にいて楽しい
・感情がこもって聞こえるからキュンキュンする

方言を使いこなすことにより、このような印象を与えることができるのだ。ただし、すべての女性に当てはまるわけではないため、無理に方言を使いすぎると逆効果になる。それを踏まえた上で、男性が使うとカッコいい方言を確認してみてほしい。

(広告の後にも続きます)

■カッコいい方言1.大阪府|関西弁

「ノリが良くてイケてる感じがする」「ボケたときに躊躇なくツッコんでくれるから安心」など、関西弁を使う男性はかなり好印象だ。

大阪府の関西弁は特にキツイ言い方をするわけでもないため、男性の方言を聞いていて身構える必要がない。それどころか、関西弁に温かみを感じるという人が多数派だ。

また、「関西弁を使う男性がいると楽しい」という意見もかなり多かった。ちなみに、大阪府の関西弁は具体的に以下のようなものが挙げられる。

・しゃーないなぁ
・えらいべっぴんさんやなぁー
・自分風邪ひいたん?
・ええで、かめへんかめへん
・好きやねん