気温も水温も上昇してきましたから、サーフや河口域なとでキスが釣れ出しています。

夏に向かって最盛期を迎えるキス釣り、その釣り方やおすすめタックルをご紹介しましょう。

釣れたキスはクーラーボックスで冷やして持ち帰り、上手く捌いて食べたいものです。

カンタンな捌き方についても、チェックしてみましょう。

キスってどうやって釣ればいいの?

キス釣りを楽しむには、まず時期を絞り込まなければなりません。

ゴールデンウィークが終了したタイミングで海へ出向くと、あちこちで小魚が回遊しているのが見えます。

明らかに水温が上昇していて、キスが接岸してきている可能性が高いでしょう。

投げ釣りの対象魚として有名なキスは、サーフなどの砂浜に居るように感じますが、それ以外の砂地の場所にも入り込んできています。

例えば、漁港の防波堤エリア。

砂地に隣接しているところが多いですから、天秤仕掛けなどでボトムをとらえて、砂地になっているかどうか確かめてください。

マゴチやヒラメとともに、隣接している砂地で泳いでいるかもしれません。

もうひとつ釣り場として挙げたいのが、河川の河口域です。

当然海水エリアですし、河川から流れ込んだ砂が堆積していて、恰好のキス釣り場といえるでしょう。

本流に近いほど掘り込まれた地形になっていて、そこに砂や泥が絡んでいれば、捕食にやってきたキスに遭遇できるはずです。

河口域なら、ゴカイやイソメなどの虫系が数多く生息していますから、仕掛けに付けるエサもそれに合わせてください。

ただし、河口域のキス釣りで注意しなければならないことがあります。

それは、多発する根掛かり。

ボトムにさまざまな障害物が流れてきて、広範囲に堆積しているので、結構な確率で引っ掛かってしまいます。

それを上手く避けるには、仕掛けそのものとアプローチ方法を変える必要があるのです。

まずは、仕掛けから。

写真のようなオモリが下部に装着されていて、ハリスを上部に結んで虫エサをぶら下げる状態の仕掛けを採用してください。

立ち天秤と呼ばれていて、ちょい投げ釣りでひんぱんに用いられるようになりました。

これならボトムに触れる部分が限られていますし、上部からぶら下がっているハリとエサは、引っ掛かりにくいでしょう。

出典:アマゾン

(広告の後にも続きます)

立ち天秤を用いたキスの釣り方!

キスの釣り方において、立ち天秤の操作方法をご紹介します。

エサをハリに付けた状態でキャスト、道糸にテンションを与えながら落とし込んでいきます。

立ち天秤のオモリ部分か着底したら、道糸のテンションが失われますが、そこでリールハンドルを回してズル引きしてはいけません。

ボトムに障害物が沈んでいたら、すぐに根掛かりしてしまうからです。

道糸のみ張って、そのまましばらく放置しましょう。

キスが食い付いてきたら、急に道糸がたるんだりしますから、道糸の変化に注意してください。

キスからのアタリが無ければ、ロッドを立てて仕掛けを跳ね上げ、その状態で素早くリールハンドルを回して巻き取ってしまいましょう。

途中でボトムに落として探るのではなく、一旦巻き取り終えてから別のポイントへキャスト。

そして同じようにボトムまで落とし込んで、その場でアタリを待つようにしてください。